profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



しなら。しなれ。しなり。

昨夜、たまさかフリーダイバーのドキュメントを観ました。@NHK

フリーダイビング。映画グランブルーのあれです。
プロフェッショナルな日本人ダイバーのドキュメントでしたが、プロが居るんだ。と言う小さい驚きと映像がキレイだったので見入ってしまいました。
フリーダイビングのお話はさておき、練習中に大きなフィンを着けてイルカの様にキックして大きな潜行力を得ているシーンを見て、ふと思いました。


『しなった方が力が大きいのかな?』


思えば、野球だとバットを鞭の様に使うリストヒッターは効率良くヒットを重ねます。つまり打てそうにない球でも素直に最大限の力で反発して逆方向に強い打球を打ち返す。落合さん、イチローさん。
手をしならせるピッチャーも剛速球の方が多い。江夏さん、江川さん、五十嵐さん。


ペダリングもしならせた方がいいのかな?


自転車に乗り始めてペダリングについては意識したりしなかったり、結局は自然にままに今に至っています。どちらかと言えば踏み倒し。
でも、それだと上りで苦しい経験を沢山しています。また、レースで遊ぶとなると、高ワット持続時間とその回数がものを言うと思います。(鉄砲が小さいピストルなのかバズーカなのか、そしてその玉数をいくつ自分の足に仕込めるのか。。。)
自分の鉄砲と玉数を構築する上で自分に合った効率的なペダリングも必要かなーって思います。
今まで、地を掻く様なペダリング(△おにぎりペダリング)とか、引き足重点ペダリングとか意識してやりましたが、どれも可もなく不可もなく、それが鉄砲のサイズと玉数の理論にも当てはまらない程度です。つまり、あまり考えていない。
そして、テレビからキレイにしなるドルフィンキックを目の当たりにします。


ペダリングにおいてしなる。
・・・それってアンクリング?


いわゆるアンクリングについては各方面から「止めた方が。」との声が大きかったので意識的にやったことがありませんでした。
楽に鉄砲と玉数をより大きく、多くしたいので上りで緩めのアンクリングもやってみようと思う海の深さなのでした。


ドキュメントの主人公はこの人
肺活量が尋常じゃない。(^^)

COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)

calender

05 ≪│2017/06│≫ 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。