profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



勝手にツール・ド・熊本 4th stage.

熊本->長州港->(フェリー)->多比良港->雲仙->小浜->長崎->諫早->多比良港->(フェリー)->長洲港->熊本。

実質、丸1日乗れるのはこの日が最終日。山->海->山、東->西->南と走ったので、海+北な感じで考えてましたが、地図を眺めていると何となく長崎まで行けそうだったので、ちょっぴり強引ながら、海(有明海@フェリー)、北(北西な長崎)+山(雲仙)でいい感じにまとまりそうです。


熊本->長洲港->
なるべくフェリーの始発に乗りたかったので4:30スタート。真っ暗です。盲点でした。
なんとか始発のフェリーに間に合いました。

朝の有明海。
ありあけ。

(フェリー)->多比良港->R389->
40分ほどで対岸の多比良港に到着。
ちくたく!行きまーす!
身軽な自転車は先頭で降ろしてもらえます。

あぁ、国見高校の町なのですね。
♪振り向くなよー、振り向くなよー。

と、思ったら、国見高校の前に。笑
♪君は美しいー。

前方には雲仙。
どの山だ?
この日のルートはあまりきちんとリサーチできてませんでした。なので雲仙のなに岳に上るのか良くわかってません。

途中、乗馬クラブがありました。
なんだー。
ヒヒン。

車が通りません。
上りますー。

よく解らないまま何となく分岐地点に。
ダメ!絶対。
まだ、上りがありましたが入れない様です。仕方がないので下ります。結局、この分岐地点がピークでした。
どうやら雲仙岳の西ほぼピークを通った様です。

R57->
そのまま下ります。いつの間にかR57。
あれ?熊本にも走っている道路じゃないですか。海を越えても続いているのですね。

途中、雲仙温泉街。
雲仙温泉郷。

先の噴火の復興後なので道路がきれいです。
空も綺麗です。

小浜->
去年、惜しくも、福井の小浜市にその座を取られた岳下町です。

千々石->
伊豆っぽい。
like IZUです。ちょっと道が狭く、まぁまぁな坂が4、5本あったので自転車には不向きでした。

途中の炭酸休憩。
押せない。
押せないな。ターゲットじゃなくて良かった。

R251->
暑いです。うだります。

住宅が多くなってきました。
坂多目です。
長崎市街地の東側、日見バイパスあたり。坂多目です。

リンガー。はっと。
本場で見つけると何となく違和感があります。

長崎->
日見トンネルを抜けて、長崎入り。
長崎市電。
この市電、どこまで乗っても100円だそうです。

シンボリックなものはここしか思いつきませんでした。
平和公園。

ここから折り返します。

ビルの観覧車。
ビル上の観覧車を見つけたり、

ロイホに食べられて。
ロイホとトラムのコラボレーションを見つけたり、
でも、汗、ダラダラです。

R34->諫早->R57->
とかく、暑いです。
こちらの海岸線はアップダウンがあまりなく、道も広めで走りやすいです。
島原鉄道と平行しているのもいいですね。

多比良港->
でも、ちょっと暑い。
やっとこさ、多比良港に到着。

(フェリー)->長洲港->熊本。
16:00にベースに到着。

熊本->長洲港


多比良港->長崎->多比良港


長洲港->熊本


走行距離:212km

明日は金峰山に上るぞー!

COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)
長崎に行ったらちゃんぽんば食わんばだめよ。
(一応長崎出身なので長崎弁でコメントしました)
  • ftkent
  • URL
  • 2009.08.28(Fri)
  • Edit
★ftkentさん。
あれー。長崎ご出身でしたか。
時間が読めなかったのでちゃんぽんはスルーしちゃいました。
この記事を書いている時に無性にちゃんぽんが食べたくなって、リンガーハットったのは内緒です。(笑)
  • tictac
  • URL
  • 2009.08.31(Mon)
  • Edit

calender

10 ≪│2017/11│≫ 12
sun mon tue wed thu fri sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。