profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



第23回 矢島カップ Mt.鳥海バイシクルクラシック。~TT編~

ナンバープレート。
ナンバープレートも雰囲気がよさ気です。

宿からTTコースは目と鼻の先です。軽く試走。第一印象は『尾根幹?』
スタート後、上り、下り、ちょっときつめの上り、下り、上り、上り、右に下りながら折り返し。の2wayコースです。

多分、ちょっぴりワタクシ好みのコースです。
エアロヘルメットをオーダーしていたのですが、調達が間に合わず、ちょっと萎えていました。試走をして若干、闘争心が沸いてきました。

自分のスタート時間まで余裕があったので他の方のスタートを応援します。
スタート。
鳥海矢島カップを語る上で欠かせないTTのスタート台です。1人、1人スタート台からスタートします。
皆さん、それぞれの自転車、スタートで楽しいです。本格的にTTバイクの方もいました。

自分のスタート時間が近づいたので近くの坂でアップ。ローラー台要らないほど最適なアップ坂があります。5本ほどピストンして終了。汗だく。
応援の合間に麗しいタイムを聞いていたのでそれを目標にします。戦略は各ピーク後の下りで休まない、折り返し後の上りで無駄足を使わない。かな。

いよいよスタートです。
ピッ、ピッ、ピッ、ピッ(ぴく)、ピッ、ポーン!
テンパリ気味で2秒前に軽く反応したのは内緒です。

台からストレスなくスタート。
初めの上りも変に乳酸が溜まる事もなくスムーズに進みます。多分、アップがきちんと出来ていたかと。
前に1人見えるので追い抜きます。きつめの上りでちょっと苦しくなりますが、ケイデンスキープ。上りで1人をパス。
次の上りで前に2人見えます。ちょっと距離がありますが追います。折り返し直後の上りで上手くギアを合わせられたので2人をほぼ同時にパス。肝はここでの処理ですね。
緩い上りになりますが、ここが一番きつい。よだれも全開です。また、前方に1人見えたので追います。上りピーク直後にパスして、最後の下りを踏みます。ふがふが。
ピッ!ゴール。

ゴール後はアップ坂でダウン。

結果が直ぐに張り出されます。
洗濯ばさみ。
この手作り感がたまんないですねー。

タイムは13:01.669。
あとちょっとで12分台でした。あぅ。
クラス22位。んー。。。
出し切った感はあるし、戦略通りに出来たのでいいのですけど、ちょっと悔しい。。。

自分の出番後はまた、皆さんの応援。
楽しいですねー。

終了後は宿へ。お風呂を頂いて、夕食。
左下の枝豆ととうもろこしでお腹一杯。
盛りだくさんだー。田舎なおもてなしです。(^o^)
枝豆ととうもろこしだけでお腹一杯になりました。(全部、頂きましたけど)

夕食の後は、レース会場で夏祭りを催しているとの事なので行ってみました。とっても懐かしく思いました。
出店。
出店は20店くらい出てました。
ここは、テントも張れる様でレース参加者さんでここで宿泊している方も居ました。
宿に戻ってから花火も見れて、夏な雰囲気を満喫です。

明日の準備をして、速落ちしました。


ヒルクラマスドレース編に続きます。

COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)

calender

06 ≪│2017/07│≫ 08
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。