profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



膝故障の正体。

当ブログを訪問してくれた方で、ジャンパー膝についてブログを開設されている整形外科医のjumperskneeさんと言う御仁がいらっしゃいます。

コメントを頂いたので早速、覗かせて頂き、色々と原因や症状、経緯をお伝えしたところ小生の膝故障を検討して頂きました。
故障はジャンパー膝ではなく、ランナーズニーと言われている腸脛靱帯炎では?との判断を頂きました。
また、炎症が引いた後の対処方法も記述してくれて、目からウロコ状態。。。
(やっぱ、ランナーズニーだったよ。だって、自転車の上で跳んだり跳ねたりしてないもん。。。)

なので、小生の膝故障は腸脛靱帯炎(ランナーズニー)に決定いたします。
ぱちぱちぱち。
(ごめんね、音声認識ドクター。君は面白いだけだった。。。)

さて、jumperskneeさんの助言もあり、ペダリングに問題があるのでは?と一筋の光を見出す。。。

この後はストレッチングの見直し、ペダリングと理詰めテーマへと話は続く。。。


COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)
こんにちは、やくです。毎日のぞきに来ていますが膝故障、難儀されてますね。
実は私もロードに乗り始めた(5年ほど前)頃、膝を痛めた経験があります。その時は違和感を感じてから約70km程、寒い時期に走ったのですが、自宅に到着した時は歩く事はおろか、立ち上がるのも激痛で大変という状態になりました。
翌日、病院へ行ったのですが、左膝の為ATで運転は出来るものの、そもそも車に乗り込む為に足を曲げるだけで激痛で大変でした。
病院ではMRIまで受けましたが、骨などに問題は無く、使わないで休ませるしか治療方法は無いようでした。
それから自転車には1ヶ月程度乗らずに過ごし、日常生活では痛みは無くなりましたが、再び自転車に乗ったら直ぐに再発してしまいました。幸い、酷くならない内に止めたので、その時の痛みは2、3日でなくなりましたが。
結局、そこそこ普通に乗れるようになるまでに5ヶ月ほど必要だったと思います。その後も無理をすると膝痛の前兆がでるので、抑え気味を心掛け、山練習も無理のない範囲でこなしてきました。
ところが、割と最近ですがポジションを見直してから非常に調子よくなりました。少々踏み込んでも痛みが出るような事はなくなりました。
tictacさんにも効果があるかどうかまったく保証できませんが、5mm程サドルを高くしてみては如何でしょうか?膝の裏側の痛みで無い限り、悪い方向には行かないはずです。
それでは、乗れない日々は辛いと思いますが、無理をせず気長に治療してください。お大事に。
やくさん。こんにちわ。
>こんにちは、やくです。毎日のぞきに来ていますが膝故障、難儀されてますね。
ありがとうございます。はい。毎日ストレスとの闘いです。ふぅ。。。

経験談ありがとうございます。やくさんの初めての症状は私より酷そうな印象を受けました。
やはり、安静->軽負荷再開->痛くなったら止めでしょうかねぇ。
やくさんの例で元に戻るのに5ヶ月も掛かるとなると憂鬱です。。。
でも、2月にお会いした時のやくさんから膝故障の経験がある事が想像できないので勇気付けられます。

サドル高UPの件も試してみます。
今は理詰めと軽負荷実践で『おいしいところ』を探そうかと。。。
でもモードは慌てずゆるーになっていまけど。。。(笑)

気長にいきます。ありがとうございます。。。

calender

07 ≪│2017/08│≫ 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。