profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



膝。

本日は休輪日になってしまった。

と言うのも、膝を痛めてしまった。。。
昨日の帰路、横浜辺りから急に左膝が痛くなった。急に。。。
左足が行き工程から下死点に行くと膝前面に痛みが走った。油汗が出るほど。。。
昨晩は置き薬のシップを貼って様子を見る。

本日、朝起きると大丈夫そうだったので自転車で出陣すると直ぐ同じような痛みが再発。『こりゃ、無理だ。』と自宅に引き返し、整形外科へ。

医者:「いつからですか?」
小生:「昨日からです。」
医者:「なんかしたの?」
小生:「自転車に乗ってまして、170km。一昨日、200km。」
医者:「へっ?どっか行ったの?」
小生:「昨日は三浦半島一周な感じで。」
医者:「ひょぇ~。なんでまた。」
小生:「趣味です。」
医者:(何かを手にし)「170km、200km、ジャンパー膝」

『ん?な、何だ?』どうやら音声認識でカルテ入力をしている様で。。。会話中にぶつぶつ復唱されたので一瞬危ない医者かと思って面食らった。
ベットに寝かされ、「痛い場所は」と膝周辺の様々な箇所を押すが、押されても痛みはない。ペダリングとか階段での上り下り、要は回転運動中に痛みが走るのでベットの上で足を回す。まるでおばさんがダイエット運動してるか様に。。。
何とか見つけ、痛み箇所を示すと何も言わずその箇所に注射。『えっ、え~』これにも面食らった。

医者:「よくある症状です。要は結合部、骨と靭帯の結合部が炎症を起こしています。4,5日様子を見てからまたいじめて下さい。」
小生:「は、はい。」『い、いじめるって。。。』

帰宅後、ジャンパー膝を調べると、
・正式には膝蓋靭帯炎と言い膝のお皿から脛の骨の結合部の炎症
・バスケットボールやバレーボールの跳躍系のスポーツ選手に多発するのでジャンパー膝と言う
・10代、20代に多発し、30歳を過ぎたスポーツ選手は稀
・激しいジャンプ・ランニングの繰り返しや、オーバーユースよって発症する
らしい。
なんだか、「オーバーユース」以外、小生には一つも当てはまらん。
治療は、
・急性期の痛みは安静
らしい。
予防としては、
・十分なウォームアップ
・大腿四頭筋を中心にした十分なストレッチ
・運動後のアイシング
・大腿四頭筋の訓練
らしい。
しかも、慢性化するとのこと。。。

別に飛んだり跳ねたりしてないぞ。ん?ダンシングか?そう言や、確かにたくさん登ったし、たくさん信号待ち明けでダンシングした。と言うことはダンシングの仕方、フォームが間違っているのか?
乗車前のストレッチなぞしたことないし、ウォームアップだって十分かと言われると、『んー』となるし。(一応、体が温まるまでゆっくり漕いでいるけど)
小生、あんまり、理詰めで行く性分ではないので本能の赴くままに動作をしている。ちょっとは先人の仰ることに耳を傾けよう。今中さんあたりの。。。

以下、メモ。
理詰めテーマ:
・乗車フォーム(シッティング時、ダンシング時)
・ストレッチング
・フィッティング
・筋トレ>大腿四頭筋
メモで終わる気がしないでもないが。。。

でも、やっぱオーバーユースだよな。急にきたもんな。急に。。。

走行距離:2.1km
平均速度:28.5km/h

COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)

calender

08 ≪│2017/09│≫ 10
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。