profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



勝手にツール・ド・東北 stage2 十和田湖 盛岡へ急げ!編。

今日の寝床、盛岡へ。

盛岡まで、急げ!


十和田湖.中山半島->
既に、14:00過ぎです。盛岡までは約130km。今日は宿を予約している訳ではないので気楽ですが、ランドリ使用前提で荷物が最小限です。早目に到着して洗濯したいところです。と、言うよりも尻も結構、ギリギリです。

R103->
やっぱり、尻が痛い。原因を考えます。
・サドルがへたってきている。もうそろそろこのサドルで20,000km近くに行くはずです。寿命かな。
・レーパンパッドもへたってきている。このレーパンも長いこと使っています。今回は替えを持ってきてません。
・ワセリンを塗っていない。気分によってアソスのシャーミークリームを塗りたくりますが、今回は荷物節約の為、持参していません。
原因が何となくわかったのでほっとしますが、明日、走れるか不安です。

等と考えていると登りが入ってきました。
アスファルトの照り返しがきつく、さっきまで走っていた奥入瀬が懐かしく思えます。暑い中、えっちら、おっちら登り、、、

発荷峠->
発荷峠。

頂きましたよっと。

十和田湖.発荷峠。

さっき登った展望台の方を眺め返します。これで十和田湖のカルデラは終了です。

R103->
途中、舗装が新しい区間があり、ダウンヒルがめちゃくちゃ気持ち良かったです。

十和田IC->
そのまま下りきって十和田IC辺り。

R282->
と、同時に南に進路を取り、鹿角市に入ります。

貝梨峠->
華麗にクリアです。

R282->八幡平市->
岩手入り。

岩手入りです。本日3県目です。

このころから辺りに帳が下りてきました。
岩手、夜の帳。

そして、このころから若干ハンガーノック気味です。私のハンガーノックの定義は”漕ぐのがむかついて来た時。”です。もう、漕ぐのがうざい時です。w
次の日、saganoさんに聞いたら、「違う。」と言われました。(><;)
なんか、腹立ってくるんですよね。お腹減ってると。。。
本当にやばい感じになってきました。でも、辺りに頼みのコンビニが見当たりません。
あるのはせいぜい自動販売機コーナーです。ナイトランの準備もあるのピットインです。

手持ちの羊羹を完食してもスッキリしません。自動販売機を色々と眺めていると、、、
KitKat!

「キットカット、売ってる!」ちょっと離れてナイトラン準備をしてしているsaganoさんに大声で報告です。助かりました。6個入っていたの速攻で2個ほどパクつき、ちょっと落ち着きました。
給水、ナイトランの準備も済ませ盛岡に急ぎます。

大湯谷地峠->
今日、最後の登りです。華麗にパスして、、、

安比高原->
スキーをやっていた頃に一度は来なきゃと思っていましたが、まさか自転車でくるとは思いませんでした。(^^;)

R282->
この後は下り基調で盛岡市内です。
途中、満天の☆を眺め、東の方では花火大会でしょうか、時々花火が上がります。シチュエーション的にも気持ち良いナイトランのはずです。が、道路がちょっと悪いです。これまた荷物削減の為、クリアレンズを持ってきていなかったので塵が舞う幹線道路の中をノーグラスで道路に注意を払いながら進みます。下り基調じゃなかったら、本当にハンガーノック(当社的に怒り狂う)するところでした。
更に、尻が限界です。『明日は最後の方は輪行かなぁ。』等と弱気になり、尻痛とも闘いながら進みます。

盛岡->
寝床に予定していた健康ランド付近に着きましたがお腹が減っているので盛岡の街まで行くことにします。まだ、下り基調です。

盛岡と言えば、、、三大麺っすねぇ。わんこそば、冷麺、じゃやじゃ麺。
一応、全種類のお店をピックアップしておきましたが、冷麺は東京でも食べれるし(ちょっと、違うけど)、わんこそばはおばちゃんとの”負けられない戦いがある”けど今の状況じゃ勝てそうにないので、じゃじゃ麺に決定です。

香醤->
ちょっと迷って到着です。
香醤。

自転車を止めるスペースがありません。周りは若干、ガラ悪な感じなので焦ります。
その様子を見ていた隣の洋食屋さんのマスターらしき方が自分のお店のスペースを指して、、、

マス:「良かったら、ここに止めておきなよ。」
我ら:「いいんですか、ありがとうございます。助かります。」
マス:「どっから来たの。」
我ら:かくかくしかじか、、、
マス:「学生さん?」
『二回目だ。無理だろ。学生と見るには、、、』
我ら:「いいえ、働いてますよ。」
マス:「ま、置いておいて。」
我ら:「ありがとうございます。」

お店は満席でしたが、丁度帰るお客さんと入れ違いに入れました。
カウンターに座ってじゃじゃ麺の大を注文します。茹で上がるまで時間があるので置いてあるガイドを読みます。
じゃじゃ麺ガイド。

ふむ、ふむ、『チータンって、なんだぁ?』、、、そういえば先ほどから他のお客さんが食べ終わったお皿に生卵を入れて「チータンお願いします。」って言っています。
出てくるのを見ると、それにスープを入れて出している様です。卵スープですね。

ふーんと思っていると出てきました。
じゃじゃ麺。

見るからに旨そうです。
大昔、盛岡で食べた時の印象はほとんど残っていません。麺はラーメンの様なものだと思ってました。が、うどんですね。
オリジナルに酢としょうがを入れてかき混ぜます。食欲をそそる匂いが上がってきて。い、頂きます。旨~。(^o^)/
大なので結構な量がありましたが、飽きずに食べれました。おっと、完食せず、生卵を割って、「チータンお願いします!」

チータン。

ずずっと速攻で完飲。旨かったぁ。

店を出て、先ほどの洋食屋さんを見ると、閉まってます。親切を頂き、ありがとうございます。
今度、盛岡に来ることがあったら絶対に寄るぞ。ここ

もう、腹一杯です。予定していた健康ランドまで行くには微登りを7,8km行かないと行けません。
saganoさんに「ここら辺のビジネスホテルにしない?」と提案し、空いているホテルを探します。
2,3軒周ってもほとんど満室です。今日は土曜日なので仕方ないですね。腹を括って、予定通り戻りつつ適当な宿を探すことにします。

すぐに、怪しいホテルが現れました。
I&B

I&B。

I&B。
その名も”インターネット・アンド・ベッド”ですよ。中々手ごわそうなネーミングセンスです。
元々は銭湯でしょうか?銭湯とホテルのコンプレックスです。画期的です。懸念のランドリーもある様です。
1Fのフロントには誰もいないので内線電話で呼び出します。暫くすると味のあるご主人がエレベーターで降りてきました。

我ら:「泊まりたいんですけど。」
主人:「あぁ、いいですよ。ここに代表者の方、記入をお願いします。」
我ら:「風呂ってまだ大丈夫ですか?」
主人:「本当はもう駄目だけど、いいですよ。」
この時点で10時過ぎです。
我ら:「ランドリーって使えますか?」
主人:「本当はもう駄目だけど、いいですよ。」
我ら:「ありがとうございます。」『ラッキー!』「自転車、置くところないですかねぇ。」
駐車場にはシャッターがあります。
主人:「明日、何時?」
我ら:「5時には出発したいです。」
主人:「んー、まぁ、いいか。頑張って起きます。外に置くわけに行かないもんなぁ。」
我ら:「あー、申し訳ないです。ありがとうございます。」

3Fの部屋に着き、洗濯の準備をして、コインランドリがある2Fの銭湯部分に行って先ずはランドリを回します。

主人:「お風呂、最後ですよ。」
『部屋にも風呂があったなぁ。』何か、悪いので、
我ら:「部屋の風呂に入ります。」
と部屋に戻り、シャワーを浴びます。

シャワーを済ませ、コインランドリのある2Fに戻りました。
2Fには、PCが置いてあります。なにせ、”インターネット・アンド・ベッド”ですよ。洗濯が終わるのを待っている間、ネットをして時間を潰します。
ご主人も降りてきて、待ってくれています。

洗濯も終わり、、、

主:「明日、何時?」
私:『へ?』「ご、5時です。すみません。」
確認されちゃいました。わがまま言って申し訳ないです。

ふと、カウンターの棚を見るとハンドクリームが置いてあります。ご主人に取ってもらって成分を見てみます。”ワセリン”。『おー、これでいいじゃん。』
ワセリン。

じゃじゃ麺後には懸念していた寝床、洗濯、尻痛問題がI&Bで一挙に解決です。今度、盛岡に来る時も使わせもらいます。(^^)

明日は最長距離、盛岡->遠野->気仙沼->仙台。
さてさて、どうなることやら。。。

走行ルート:
十和田湖->鹿角->八幡平->安比高原->盛岡

COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)
魅力的な旅ですね~~v-10
早く仙台の牛タンが見たいです~~~v-14
  • charinco
  • URL
  • 2007.08.17(Fri)
  • Edit
おーチータン、美味そうじゃないですか。さっそくググってみると三軒茶屋にありますね、しかもすぐそばに氷屋さんまで。
今朝走りに行く前に見ておけば今頃は完食出来ていただろうに、残念。
それにしてもお尻のその後が楽しみ、ハンドクリームで事なきを得ちゃうのかなぁ、あぁ楽しみだ。
  • JIN
  • URL
  • 2007.08.17(Fri)
  • Edit
この日は(も?)長かったですね~.景色も最高だったんですけど.
安比高原への上りでの「ハンガーノックかも..」ってそういう事だったんですね.それはハンガーノックとは言いませんヨ!(笑).
ジャジャ麺,旨かったです.東京でも食べられるなら行きたいなぁ.
★charincoさん。
何となくな計画で後は行き当たりばったりで楽しかったっすよ。
仙台までの道のりは遠かったです。もうちょっと待って下さい。m(_._)m

★JINさん。
東京ではそこだけすかねぇ。じゃじゃ麺、思い出すと、じゅる。。。
尻は次回に。。。w
★saganoさん。
あれ、やっぱ違う?
一応、力入れたくなくなるよ。。w
三茶へゴー。その後日本酒?逆でもいいか。。。
青森県在住のものです。遠路はるばるご苦労様です。
流石に八幡平は越えませんでしたか。無理だろうとは思いつつも、ちょっと期待してました。
それでも、安比を越えて盛岡まで行ってしまった事には感動に近いものがあります。

細かいことですけど、十和田インターがあるところは十和田市ではありません。
青森と秋田は十和田湖を巡って奪い合い(?)をしています。
てっきりキットカットのジュースかと。(キワモノ)
  • もぐ
  • URL
  • 2007.08.18(Sat)
  • Edit
★bliaさん。
初めまして。
八幡平は悔しかったですけど断念しました。
十和田インターそうでしたか、鹿角市っすね。すみません。
十和田湖は綺麗ですのでしかたないですね。

★もぐさん。
のどに色々引っかかりそうです。w
でも、ガラスの容器に入っていて、この金額は容器代?と思わすほどでした。

calender

05 ≪│2017/06│≫ 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。