profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ホルモン。

ツール・ド・フランスで総合優勝をしたランディス(アメリカ/フォナック)のドーピングテストサンプルで陽性反応が出たらしい
数値が高かったのは男性ホルモンのテストステロンと言うものらしい。
なにものか分からないので、ぐぐってみると、、、
ここ
ふむふむ、とっても甘酸っぱい思春期な感じである。
で、こいつを摂って何のメリットがあるかな。と読み込むと「テストステロンを筋肉増強剤として投与」位しか見当が付かない。ん?なんで?筋肉増強?
で、もうちょっと読み込むと「テストステロンの減少率は個人差が大きく、70代になっても、30代の平均値に匹敵するテストステロン値を維持している男性も多い。」らしい。上原謙なみってことか?

ドーピングテストで陽性が出たサンプルはマイヨジョーヌ争いに舞い戻ったあの第17ステージのものらしい。
思い返すと、確かに快走していた。あふれんばかりの男性ホルモンで怪走に見えなくもない。
でもね、それってただランディスは元気が良かっただけじゃなかろうかと。
そう、上原謙なみに。

だって、プロロードレーサーで筋肉増強剤を身体に入れるかねぇ?持久力維持の薬とかなら解るけど。そんな間抜けなリスク冒すかねぇ。

フランスの方々は相当、アメリカ人がお嫌いな様で。。。
また、これで選手生命を奪われる選手が出た。もう、いいんじゃねーの、そこまでしなくて。ただ元気なだけで悪人扱いされたらたまったもんじゃないよ。
別にランディスの肩を持つわけでも、アメリカ人の肩を持つわけでもないけど、フランス人のいちゃもんに見える。いっそのことフランス人だけでツールやれば?って言いたくなる。
また、ランディスの「僕は現実主義者だ。サンプルAが陽性なら望みは薄い。(Bも陽性)」と言うコメントを見ると、不可抗力を訴えても通らないから仕方ないとある意味開き直っている様にも思える。
不可抗力を訴えても通らない。疑わしき者は去れ!の構図。なんかしっくりこない。
UCI厳しすぎだよ。

また考えてしまうけど、ドーピングテストで自転車競技の基準と他競技の基準が等しいとは思えない。ドーピングテストやってないプロスポーツ競技だってあるらしいし。自転車競技ではドーピングが当たり前みたいに思われるのはちと悔しい。
ツール・ド・フランスを含む三大グランツールについて言えば厳格なドーピング基準に徹することにエネルギーを使うより、コースを考えた方が良いんじゃなかろうか?今より負担のかからないコースでレースを面白くする方法を。
3週間で約3700km。毎日180km~230km走り続ける。山も何頂も越える。ピレネー、アルプス。厳しいよ。
ドーピング基準は厳しいし、コースも厳しい。プロなんだから当たり前ちゃー当たり前だけど、限界値超えてない?どっちかを緩くしたほうが精神的にも、肉体的にも健康的に見える。

なんか、やっぱりドーピングテストって間抜け~と思わせるニュースでした。
言ってることはごもっともなんだけどね。。。

ま、別にどうでもいいけどと思いつつ、明日はどこ行こうかなぁ。
そのなんちゃらって言うホルモン摂って、山でも行こうかなぁ。低レヴェルでランディスばりの怪走ができるかなぁ。

あっ!その前にホルモン焼き喰おう。。。

走行距離:23.52km
平均速度:21.9km/h

COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)
ランディスが故意にドーピングしたとは思えない一人です。
筋肉増強剤を使うメリットが分からない。

もし、薬だとしたら、熱中症を治すためか、持病の脚の治療薬か、あるいはビールか。そういうものが引っかかったのでは?
そもそも薬使わなくても、男性ホルモンの数値高くなる体質の人もいるし。。。
と思うと、ランディスがドーピングに???なんですよね。

まあ、サンプルBとそれからの会見待ちの様子見ですね。

アンチドーピング。
正論だけど、選手の健康のこと考えたら、スポーツでお金を稼いで生活できる環境自体がおかしいとなっちゃいますよね(笑)。
「健康的なスポーツ選手」というのが変な言葉で、特定のスポーツに特化して身体を鍛えれば、生命を維持し、寿命を延ばす健康的身体とは異なる身体が出来るわけですから。
  • パピィ
  • URL
  • 2006.07.28(Fri)
  • Edit
パピィさん、こんばんは。

>ランディスが故意にドーピングしたとは思えない一人です。
>筋肉増強剤を使うメリットが分からない。

そうですよね。このタイミングでリスク冒してやるかも非常に疑問です。
UCIは数値にとらわれ過ぎ。禁止物質も多すぎだと思っています。

>そもそも薬使わなくても、男性ホルモンの数値高くなる体質の人もいるし。。。

そうですよ。禁止になること自体おかしい物質かなぁと思っています。
出ちゃうもんはしょうがないでしょう。。。

なんか、ヒステリック気味にアンチドーピングに接していてちょっと引いています。その点でUCI、主催者側が非常に精神的に不健康に思えます。

>生命を維持し、寿命を延ばす健康的身体とは異なる身体が出来るわけですから。

おっしゃるとおりです。
だからお金をもらえるんですよね。
アンチドーピングがなんか本末転倒な考えに思えてきてます。

でも、逆転勝訴するかもですね。そういう選手もいる様ですし。
 レース中の抜き打ちドーピング検査への抗議で、選手がストライキした昔のツールのビデオ(98?)見て、自転車にアンフェアはないと信じていた素人の私はかなりのショックを受けました。それをショップで訴えると、「みんなやってる。製薬会社がスポンサーになって、死なない薬を作ればいいのだ」と言われ、更にショック。どうなんでしょう?本当に皆薬まみれ?
 でもジロにしろツールにしろあんな大変な事を要求されてる訳で、「ドーピングくらいしてもいいのではないか」(死なない限り)と思ったりも。今年こそはと期待してたのに、好きなウルリッヒが出られなかったので、恨みがましくもなるのですが、やはりコースを改善しろというtictacさんのご意見には賛成です。要求自体が非人間的だ!
  • Dick W.
  • URL
  • 2006.08.03(Thu)
  • Edit
Dick W.さん、こんにちは。

フェスティナ事件ですね。多分、皆やってます。

バランスなんですよねぇ。
厳しいコースで結果を出さないと来年の契約が結べない、そこに楽になる薬があったなら。。。
プロですからレベルの差こそあれやっぱり結果が求められます。
コースの難易度と禁止薬物のバランスだと思っています。今回、ランディスが引っかかった物質のドーピング基準が今年から厳しくなっている様です。(最も、去年までの数値でもアウトだったらしいですが)
禁止薬物を増やす、基準を厳しくするなら、コースの難易度、プロツアー制度の見直しなどをしないと結局なくならないと思います。

お金稼ぎの為に選手ばかり厳しさを与えてちょっとかわいそうです。
プロ選手になり前は皆、単純に自転車が好きだったはずなのに。。。

まぁ、伝統を重んじる欧州ではコース難易度を下げるなど受け入れられないでしょうが。。。

難しいですね。

calender

07 ≪│2017/08│≫ 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。