profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



例の映画。

例の映画を2本観てきた。

マイヨジョーヌへの挑戦(チーム・テレコム(現T-モバイル))、OVERCOMING(チームCSC)とツール・ド・フランスへ挑戦する2チームを追ったドキュメンタリー映画。
撮影した大会がチーム・テレコムが2003年の100周年記念大会。チームCSCが2004年のランス・アームストロング(USポスタル(現ディスカバリーチャンネル))が6連覇をした大会。となっている。
時系列的に、マイヨジョーヌへの挑戦 -> OVERCOMINGと観たいのが人情。しかし、上映時間を調べると、
13:50 OVERCOMING (月~金)
16:10 マイヨ・ジョーヌへの挑戦(月~金)
18:30 OVERCOMING (土~火、木)
20:50 マイヨ・ジョーヌへの挑戦(土~火、木)
となっている。仕事を普通に終わらせる(時間を守る)となると間に合ってもOVERCOMING -> マイヨジョーヌへの挑戦の順番となる。これは頂けないので、16:10回のマイヨ・ジョーヌへの挑戦を目指し、昼飯も抜いて仕事を早めに切り上げ14:00頃職場を後にする。(忙しくなくて良かった)

銀座線に乗り映画館のある渋谷へ。渋谷は半年振りくらいだろうか。この歳になると用事が無いと渋谷なぞには出没しない、ここ2、3年来るたびに街の様相が変わっている気がする。

上映している映画館はUPLINK FACTORY(アップリンクファクトリー)と言うところ。
2作品共通割引券なるものがあるのでそれを購入する。

上映時間までまだ時間があったので近くのカフェにてお茶をすする。

映画館に戻り自転車レースの世界を垣間見る。
の前に映画館の印象を。。。
ここは映画館と言うよりはイベントスペースに無理やりプロジェクタースクリーンと椅子を押し込んだ感じ。
マイナーでテーマがコアな映画を上映する傾向があるらしく、映画をエンタテイメントとしてみせるというよりはコアなテーマの映画を提供しています。といった雰囲気を感じた。
と言うことはこの2本の映画もマイナーでコアテーマってことか?
んー、言い方を変えると筑紫哲也が好きそうな映画を上映してます!っていう感じ。(まだ、解り辛いかもしれないけど、これ以上は表現できない。。。)
そこから起因するのか解らないが座席、音響、スクリーン、どれもとっても映画を楽しむと言う事については環境として物足りない感は否めない。(悪い意味ではない。こういうスペースも必要だと思う。)
ちなみに座席の数は約60席。混雑具合は2本とも半分くらい。

さて、鑑賞記。

まず、マイヨ・ジョーヌへの挑戦。
えー、睡魔との闘いだった。
2003年のツールのダイジェストにちょっとチーム・テレコムの中にカメラが潜入してってだけのもの。
プラス、ツァベルの愚痴をまとめたと言うもの。はっきり言ってお粗末。。。

次に、OVERCOMING。
こちらは、1本目のお粗末さも手伝ってか、素晴らしい出来だと思う。
普通にドキュメンタリー映画として素晴らしいと思った。音楽、映像ともに凝っていて見ごたえがあった。
1本目と同じくツール期間中に1チームに潜入して内情を映し出すものであるが、チームオーナー兼監督のブリュネ・リースの人心掌握の過程やランス・アームストロングとイヴァン・バッソとの親密関係が築かれていく様子などが丁寧に描かれていた。
チームワークとは何か。
各選手への役割への意識付け。
各選手への動機付け。
等、実社会におけるリーダー論の実体をも描いていた。比較にはならないが自分に当てはまるシチュエーションも合ったので頷いてしまった。
また、アームストロングとバッソとの蜜月関係の表現では、癌の話を上手く絡めて表向きはキレイな話にしているが、プロスポーツ選手としてのバッソの甘さも描かれていた。(リース監督の歯がゆさが良く伝わった。)
その他にもサストレとバッソの関係構築(サストレにアシストとしての役割を理解させる)も上手く描かれていた。
夏のレースが舞台なのに何となく薄暗く、寒く感じさせる演出も興味深かった。

また、両作品ともマッサーがクローズアップされていて、選手の肌を直接触る仕事なので結構チーム内で重要な位置にいることが上手く描かれていた。

自転車ロードレースに興味がある人ならば2本観てもOK。
興味のない人でもOVERCOMINGはお勧め。特に仕事上人間関係で悩んでいる方には気楽に観ると何かのヒントになるかも。。。
あー、でも自転車ロードレースのバックボーンが解らないとちょっと伝わらないかな。。。

COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)
自転車の映画、いろいろなものがあるのですねー。自転車というものに興味がでたのがほんとに最近なんで、映像はノーチェックだったので、今まで一本も見たことがないんですよ。ツールドフランスの映像も見ていないので、まずいなーと思っている次第。
DVDを探しにいこうかな。
  • watari
  • URL
  • 2006.06.20(Tue)
  • Edit
僕も同じ順番で見たいと思っているのですが、日曜しか時間が取れない身としては、OVERCOMINGからしか選択肢がありません。
泣く泣く7月になってから見に行こうと思っているのですが、tictacさんの感想を見る限り、その選択が正しいみたいですね。
というよりもマイヨ・ジョーヌへの挑戦は見なくても良さそうな気がしてきました(笑)

自転車グッズを持って行くと割引が受けられるらしいのですが、何か持って行きましたか?
共通割引券にも適用されるのでしょうか?
  • 鹿之助
  • URL
  • 2006.06.20(Tue)
  • Edit
この映画、美ヶ原が終わったらゆっくり観ようと思っていたんですよ。
OVERCOMINGは泣けると聞いていましたが、そんなに良かったですか?
watariさん、こんにちは。

映像なら、、、
映画でお勧めは、
メッセンジャー物:クイックシルバー(これはあまり見かけないかな。しかもVHSテープしかないかな。でも面白いです。青春映画としても。フットルースでお馴染みのケヴィン・ベーコン主演です。)
レース物:茄子 アンダルシアの夏(アニメです。レースの雰囲気は伝わります。)
後は記事に書いたしたOVERCOMINGくらいでしょうか。

レースだと、
最近のメジャーステージレース(ツール、ジロ)なら日本語のDVDも豊富ですよ。
後はAmazon.comにステージレースはもちろん、1日で終わるクラシックレース(お勧めはツール・ド・フランドル。一流選手達が涙目で石畳の激坂を自転車を押して登って行きます。)の洋物がたくさんありますよ。
お勧めは、お手軽ところでJ Sports@CS放送番組会社が販売しているツールとかジロのDVDになっちゃうかな。
http://shop.jsports.co.jp/
鹿之助さん、こんにちは。

肝心な事書くの忘れてました。。。
共通割引券では自転車割り引きは適用されませんでした。
一応、自転車に跨った写真を携帯電話に押し込んで持って行ったんですけど、見せる前に確認したのでお披露目は出来なかったです。笑。
でも、他の観客さんが携帯電話の写真見せて、OKもらってましたよ。写真の中身までは不明ですけど恐らく自転車の写真かと思います。

マイヨジョーヌへの挑戦はレース好きなら観ておいてもいいかなー、んー、と言う感じで非常に微妙です。
ベロキの落者シーンで目が覚めることは実証しておきました。笑。
lorisさん、こんにちは。

身内に癌患者がいたり自分が癌患者だったりするとほろっとくるかもしれません。
でも、その裏にあるランス・アームストロングのしたたかさとバッソの甘さまで絶妙に描かれているので単にお涙頂戴で終わってはないと思います。
実社会でリーダー格をやっていてうまくいっていない人が観ると、リースに感情移入して感極まるかもしれません。
バルトリの引退の過程が描写されてますが、ここでも身に詰まる思いをする人がいるかもしれないです。
この3つ位ですかねぇ。お涙ポイントは。

良い映画だと思います。OVERCOMINGは。。。
こんにちは。
ワタシも時間的にどうしようか迷ってました。
OVERCOMINGを最後に見るようにします。
そうなると、土日位しかみれないな。。。
  • 鉈でココ
  • URL
  • 2006.06.21(Wed)
  • Edit
鉈でココさん、こんにちは。

私が見た順番の方がベターかとは思いますが、シビアにならなくても良いと思いますよ。。。
こんにちは。
OVERCOMINGは、実社会と繋がるところ多い映画でしたね。身につまされる場面がいろいろありました。

>鹿之助さんへ
自転車割引ですが、私は、二人で行って、それぞれサコッシュとキャップで割引してもらいました。自転車のグローブで割引してもらっていた人とかもいました。
共通券だと2500円で、自転車割引*2だと1200*2=2400円なので小物をもって行ったり写真もっていくとすこしお得ですよ。
  • パピィ
  • URL
  • 2006.06.21(Wed)
  • Edit
パピィさん、こんにちは。

訪問、コメント、情報提供ありがとうございます。

良かったらまた覗いて下さい。
はじめまして。
こちらのページで、この映画を知って、観てきました。
チームを作っていく様が描かれていて、興味を持ってみることができました。
選手の中には、家に帰ると奥さんにあれこれうるさく言われていやだ、とか言っている人がいたりして、おもしろかったです。スポーツ選手もそんなに浮世離れした生活をしているとは思っていなかったのですが...。
僕のページでも記事を紹介しましたので、勝手ながら、こちらのページへのリンクとTBをさせていただきました。
  • 栄太(えいだ)
  • URL
  • 2006.08.20(Sun)
  • Edit
栄太(えいだ)さん、初めまして。コメント、TBありがとうございます。

スポーツ選手もやっぱり人の子ですね。
なかなか潜入してたドキュメント(ドキュメントなので潜入は必須ですけど)なので、色んな面が観れた映画ですね。

これからもよろしくお願いします。

TRACK BACK

8月17日(木)にUPLINK X(渋谷)でOVERCOMINGを観た。【OVERCOMING】上映時間: 108分製作: 2005年 デンマークURL: http://www.uplink.co.jp/tour/overcoming.phpovercome - 【動】 (困難・障害などに)打
  • 栄太(えいだ)の映画日記
  • 2006.08.20(Sun)

calender

07 ≪│2017/08│≫ 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。