profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ツール・ド・おきなわ2011。

3年連続3回目の参加です。市民140kmです。

コースです。

●試走:レース前々日
コースの残り30km辺り<->天仁屋の上り<->羽地ダムの上り<->タクジトンネル。
47km
最後の上り区間を試走します。

●試走:レース前日
コースの国頭スタート地点->与那の上り->普久川ダム->奥->辺戸岬->与那の上り入口->スタート地点
67km
レース前半部、やんばる地域を試走します。

試走全般の感想は記憶よりも上りが早く終わったイメージ。


●レース
【国頭スタート~与那の上り1回目】
前列5、6目に位置取り。去年は全く緊張しませんでしたが、今年はすごく緊張しました。
スタート。
与野の上り口までは6km弱。トンネルもあり集団の中はストレスがあります。
私も含めてレース慣れしていない方もいる様で、罵声も飛びます。何故かボトルも転がっています。でも、落車もなく上り口へ。
前1/3くらいに位置取り。上りに入って、4kmまでは集団にいましたが、ペースが上がったわけでない状況で遅れます。
自力が足りないです。この時点で順位を争うレースは終わりです…。
どうでしょう。前には80~100名くらいでしょうか。

【普久川ダム~奥】
下りで各々距離のある20名くらいの集団が下り切り一つになります。奥までは向かい風の中、アップダウンが続きます。
前方300mくらいに15、6名の集団がチラチラと見えます。『追い付きたいなぁ』と思っていても、向かい風があるので集団でまとまらないと追い付けません。
集団のみんなも同じ思いかどうかは知りませんが、あまりにも統率がとれていなかったので「回しましょう!」と声を掛けます。回す人間は決まってますね。5人くらいで回します。
奥の集落へは最後、下りになるのですが、その下りで回していた5、6人の内の1人、緑synergyの方が踏み込みます。同調して私も踏み込ます。果たして奥の集落に入り前の集団に追いつきました。「おつかれさま!」と緑synergy方と顔を見合わせます。『ほ。追いついた。』

【奥の上り~与那の上り2回目】
奥の上りは総勢35~40名くらいで上ります。ずっと中団にいたのですが、この後進む海岸線に工事の影響で片側通行箇所が7、8か所あるのを前日の試走で心得ていたのでなるべく前で下りに入りたいところです。
しかし、ここの上りピークが2段構えなのですが、1つ目のピークで先頭に出てしまい(足を使ってしまい)、2つ目のピークでずるずると下がり、前から10番目くらいで海岸線に降ります。
海岸線は補給中切れしない様に補給をしながら進みます。
ここまで、与那の1回目の上りで遅れた以外は考えられる範囲内でできることは概ねできていました。
与那の上りもこの集団だと遅れることなく進んでいきます。

3kmくらい上ったところで、知り合いの方が大声を上げていました。
「おい!息しろ!」胸をポンピングしながら。
100kmの方が倒れて、気を失っている様です。一旦、自転車を降りて手助けしようとしますが、スキルを持ち合わせていないのでどうすることもできず。下って助けを呼びに行くにも後ろからは他カテゴリーも含めてレース中な方々が上ってくるので下るのはご法度。
2、3分居合わせたのですが、力になれそうにないので上に救護を求めるべく再スタート。ところどころ、応援の方がいたので人が倒れていることを走りながら告げて進みます。
この時間は気持ち的に非常に辛かった。何もデキズ。
ピーク手前で白バイが上がってきたので、さすがに問題ないだろうとスイッチを切り替えてまた前に進みます。
(ゴール後、その方の無事を聞き安堵しました。救命スキルを身に付けようと思いました。)

【普久川ダム~高江】
ダムを過ぎて補給所の上り返しから分岐のところにちょっとした坂があるのですが、毎年ここでリズムを乱します。戦略が必要ですな。とメモ的に書き留めます。
高江の上りは相変わらずですね。きついです。上りを過ぎて高原区間ですが、与那の上り2回目で一緒に上っていた何人かの人たちに所々で追いつき、パスします。
そして、市民210kmの先頭の方が違うスピードで追い抜いて行きました。そのあと、また同じジャージの人が追い抜いて行きました。
去年まではハラハラしていたポイントの関門、高江関門も、もうハラハラしなくなりました。

【高江~東村海岸線】
市民210kmの方との混走になってしまいました。先頭集団ではないので一緒にローテをします。ずっと10名くらいでしょうか。ここでも補給中切れをしない様に進みます。

【2段坂~天仁屋】
上りでは140km、100kmたがわず前の方を見つけてはパスをするリズムで進みます。
平地では向かい風もあり、30kmとかですよ。他の方とくっついてもローテしてくれません。うむ。

【天仁屋~羽地ダム】
もう、しつこいです。上りが。
ペースを崩さない様に上ります。

【タクジトンネル~名護ゴール】
最後の平地は一人だときついので、足の合いそうな100kmの若者に「一緒に行こう!」と誘いイオン坂までローテ。イオン坂で振り返ったらいなくなってました。
イオン坂を過ぎたら、知り合いが声を掛けてきてくれたので「最後、行きましょう!」と誘い最後のコーナーまでローテ。
最後はジャージのチャックを上げて一人でゴール。

初めて出た時、2回目の去年とは違う感情でゴールしました。
やっぱりレースではなかったけれど、「いやー、完走できて良かった!」って言う感じでもありません。
課題、問題は明白です。適正化してまた臨みたいと思います。

●応援
今回は知り合いの方々が途中途中で応援してくれました。私より走れる方達ですけど、様々な事情で今年は応援に回ったそうです。
凄く元気がでましたし、やっぱり、ホビーレースな思いはおきなわで繋がっているんだと思いました。
路面応援。
「ちくたく」と応援チョーク。かなりうれしいですね。

2回目の与那。
写真もありがとうございます。


●機材
フレーム:BMC SLC01
ホイール:Fulcrum Racing Speed(安い方)
6.8kg

●ウェア類
MET ストラディバリウス
RudyProductの何か
F2P製クラブジャージ上下
CRAFTメッシュインナー
defeetソックス
SIDI Ergo2

●補給
ボトル1:MUSASHI->補給所のスポーツドリンク(ぽかりメイビー)
ボトル2:真水
TOPTEN (ソフトフラスク詰め):2本
Bonk Breaker:2個
PowerBarEnergyBlasts 黄:1袋
OVERSTIMS 黄:1本
OVERSTIMS 赤:2本
WGH顆粒:2袋
メイタンラムネ:1個
※このうち摂ったのは、MUSASHI、真水、TOPTEN1本、PowerBarEnergyBlasts 黄の2個、OVERSTIMS 黄、赤1本

●順位
103位

COMMENT

name
e-mail
url
comment
pass  *
secret? (to writer only)
完走おめでとうございます。
やはり、凄い人です。
来年は210kmですかね?
  • gen
  • URL
  • 2011.11.16(Wed)
  • Edit
★genさん。
ありがとうございます!
140kmでまだまだ、全くダメなので卒業できませんよ。
来年も頑張ります。
  • tictac
  • URL
  • 2011.11.18(Fri)
  • Edit
おきなわ完走お疲れ様でした。
今度、サイクリスト向け救急救命の講習会でも催さなきゃですね。
私は上級救命しか持っていませんが、ご希望があれば応急救護の指導員、同普及員を同行して講習会もセッティングできますよ。
  • AKR
  • URL
  • 2011.11.19(Sat)
  • Edit
★AKRさん。
ありがとうございます。
おぉ。ありがとうございます。その際はぜひお願いします。
  • tictac
  • URL
  • 2011.11.20(Sun)
  • Edit

calender

07 ≪│2017/08│≫ 09
sun mon tue wed thu fri sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。