profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



散髪。

本日の予報は晴れ。ロードレーサにて出陣。

梅雨で空気が鬱陶しくなったうえに、髪の毛がぼうぼうになってきて鬱陶しさが倍増している。
ヘルメットのあなからもぼうぼう。

限界なので帰宅後散髪へ。

すっきりして明日へと向かう。。。

走行距離:23.57km
平均速度:26.7km/h

スポンサーサイト

レコード。

本日は曇りのち晴れの予報。ロードレーサーにて出陣。

ツール・ド・フランスがそろそろ始まるので録画用空DVDを購入すべく秋葉原に寄り道。

土地柄、路上駐輪は精神衛生上非常によろしくないので、巨大量販店の駐輪場に自転車を止める。
社員専用出入り口の様なところから入り、警備員に促され、エレベーターで地下6Fまで降りる。あまり利用する人が居ないのか警備員も今一歩なれていない感じがした。
一画に駐輪場があり自転車を置く。
よどばし。

やっぱり他には1台もない。がらーんとしている。週末はちょっとは混むのかな?
1回の使用で¥400。¥5,000以上の買い物で無料らしい。
目的の空DVDは無かったが、駐輪した事もあるので近しい商品を購入し、帰宅。

帰宅後、大仕事が待っていた。
学生時代に買い込んだレコードがたくさんある。実家の押入れにしまってあったのだが、実家が引越しをするので売りに出すことに。
LPや12インチシングル。勿体ない気もするが何せレコードプレイヤーがないので第2の人生を歩んでもらおう。

ちょっと枚数が多いので、どうしたものかとwebで色々調べたら、disk unionで送料無料にて買取をしてくれるとのこと。
この間の日曜日に電話で申し込んでいた段ボールが本日届いたので早速、実家から持ってきておいたレコードの荷作り。

The Style Councilやら、
TSC。


Simply Redやら、
SimplyRed。


Fine Young Cannibalsやら、
FYC。


Dexy's Midnight Runnersやら。。。
DMR。


非常に懐かしい。
埃を払いながら1枚、1枚、箱に入れる度に当時の事を思い出し感傷に浸る。が、「誰だっけ?これ。」と言う様な思い入れのないやつもありつつ。。。
結局3箱分を梱包。
3箱。

疲れた。。。

配送後、disk unionさんが査定をして、OKなら指定口座に振り込んでくれるシステム。

軍資金の足しになりますように。。。
Campyレコードなら大分期待できるんだけど。。。

走行距離:27.38km
平均速度:26.6km/h


松本幸四郎。

本日は曇りのち晴れのち曇りの予報。ロードレーサーにて出陣。

本日、往路でのこと。
行程の半分を過ぎたところで「ぽつ、ぽつ」。このまま降りだしたら嫌だなと思いつつ足をクルクル回す。心配をよそに結局、体感2、3滴で雨は止んだ。

そんな中、ほぼ職場付近に到着した辺りで最後の交差点に引っかかっり、信号待ちをしていた。

曇天で辺りは薄暗いのに何やら一瞬、パッと明るくなるところがある。
『何だ?』とその方向に目をやるとやたらでかいリフレクターを辛そうに掲げている人が見える。立て続けに三脚カメラやら、何だか色んな道具を腰に付けた人やらが視界に入る。
すぐに『あぁ、何かの撮影か。』と理解し、本能的に被写体を探す。
しかし、すぐには見つからず、、、

い、いた!歌舞伎役者の松本幸四郎が苦みばしった顔でほぼ直立している。

『お、これは本日のネタゲット!』と思い、携帯電話のカメラで写そうとしたが、交差点の向こう側だし、取り巻きも多いし、アイテムもしょぼいので誰が誰だがわからい。
仕方ないので心のカメラにだけ写すことに。『カシャ!』。

まだ信号待ち明けまで間があったので『何の撮影だろう。』と見ていると、「スタートッ!」の声の後、ゆっくりと空を見上げている。
見上げた先には日本橋界隈きってのランドマークがある。そう言えば彼がそのビルのCMに出演していた事を思い出す。続編の撮影かな。。。

信号が変わり、何の撮影かも分かったので漕ぎ出す。

いつもの駐輪場所に到着し鍵をかけ終え、『雨、大丈夫かな?』とゆっくりと空を見上げる。

その時、ふと、下らない思いが頭をよぎる。
『あちらは空を見上げてギャラが発生する。こちらは空を見上げてしょぼいチャリを心配する。空はみんなに平等なのに。。。』

さ、仕事、仕事。。。

走行距離:24.01km
平均速度:24.4km/h


大井埠頭。

久々に大井埠頭へ。

まだ、腰が少し痛むのでどこかの集団に混ざらせてもらって付いていけるか確認するつもり。
1周目、ave27kmで軽くウォームアップ。
2周目、乗れる集団が無く、1周目とほぼ同じペース。
3周目、トラのグループに乗らせてもらう。しかし、全く付いて行けず、ずるずると遅れそのまま再び1人旅。
4周目、適当な集団が見つからず、インターバルなどを2本ほどやるが、もがいた瞬間から腰が痛い。ちょっぴり心が折れ始めクールダウンモード。
5周目、クールダウンと思いきや、良い集団が来たので乗って見る。しかし、これまた折り返して港ヶ丘埠頭公園の交差点あたりで終了。ここから本格的にクールダウン。

その後、公園で休憩し、ゆっくりと帰宅。

大井埠頭に出没し出した頃より明らかに体力が落ちている。以前は乗れていた集団からもあっさりこぼれてしまった。
怪我は徐々によくなってきているので、ちょっと頑張りますか。

走行時間:1:55:39
走行距離:53.3km
平均速度:27.6km/h
平均回転:80cad
消費熱量:1,369Kcal


健康、不健康。

自転車に乗る予定は無かったが、梅雨のくせに天気が良いので気分転換に都内をポタポタ。

自宅->セキヤ->目黒->赤坂->新橋->日本橋->錦糸町->ライトサイクル->新大橋->築地->自宅。

調子はあまり良くない。途中、激走ガキんちょ@ママチャリにも抜かれる始末。
でも、自転車に乗っている時はいやな事も忘れられる。

怪我は大分良くなったが、ダンシングの時に腰がちょっと痛む。
稽古はもう少し先かな。。。
しかし、今日は日差しが強く、けったいな日焼けにより磨きがかかることは確実な模様。明日が見ものだ。

話は変わって、以前、パソコンのHDDクラッシュでデータを損失し、悔し涙を流した経験がある。
昨日、何気なくwebでニュースを見ていたら、SmartHDD ProなるHDD故障監視、診断、予測ツールを見つけた。ぽちっと。
期間限定、機能制限なしの体験版があったので早速、ダウンロードをし動かしてみた。
実行すると診断結果をあたかも健康診断の結果の様に表示する。

結果はいつ故障するかわからない程、健康らしい。
わしの身体はいつ故障してもおかしくない程、不健康なのだが。。。

い、いかん。思考回路が後ろ向きだ。。。

本日2回目の気分転換をしにすしでも食いに行くか。。。

走行時間:2:05:21
走行距離:47.1km
平均速度:22.6km/h
平均回転:66cad
消費熱量:1,562Kcal


眼鏡。

本日の天気予報は雨時々曇りにつき、MTBにて出陣。
ちょうど運よく運行中に雨に降られなかったのでロードレーサーでも良かったかな。。。

さて、FIFA WorldCupのグループリーグが佳境を迎えている。
毎晩、就寝体制に入りつつ寝床近くのテレビで熱戦を観ているのだが、極度の近眼ゆえ眼鏡が必需品になる。
しかし、歳のせいか試合終了のホイッスルを聞くことなく睡魔に負けてしまう。朝、目覚めるとテレビだけが起きている。
そんな日々、今日もいつもの様にテレビの音で目覚めた。同時に腕に何か硬いものが当たる感触がある。『ん?なんだぁ。』見ると眼鏡が顔から離れ、腕と布団の間でもんどり打っていた。
『何だ、眼鏡か。』と、良くあることなのでいつもの様に寝床脇の眼鏡置き場に眼鏡を置いた。この時、極度の近眼でもはっきりと解る衝撃的な映像が目に入る。『ぬぅなにぃ。ツ、ツルが一本取れている。』。。。
壊れた眼鏡。


この眼鏡は学生時代から使っていてかれこれ17、8年くらい経つ。ここ15年くらいは普段コンタクトレンズを使用しているので、ずっと深夜テレビ鑑賞、読書のお供になっていた。しかし、非常に気に入っているので修理に出すことに。
きっと、もうレンズは傷だらけだし、フレームも変形してきてるし、買替えを勧められちゃうかなと思いつつ、購入した上野の眼鏡屋さんへ寄り道。
自転車通勤のいでたちで店内に入るのはかなり抵抗があったが、幸い他にお客さんがあまり居なかったので入店。

現物を見てもらうと、なにやら苦みばしった表情に。
店員:「ちょっと、お時間と修理代がかかりますけど。」
愚豚:「構わないですよ。」
店員:「お客様のデータを探しますので、お名前の方をフルネームでお願いします。」
愚豚:「tictac@アルミ豚です。」
店員:「少々お待ち下さい。」

10分近く待たされて。

店員:「こちらで明細を作成しますので、いらして下さい。」とカウンターに促される。
明細に名前と連絡先を記入する。
店員:「これ、いつごろ購入されたものでしょうか?」
愚豚:「17、8年くらい前ですかねぇ。」
店員:「そうですよね。データの方がちょっと見つかりませんでした。」
そりゃそうだ。早く言えば良かったかな。17、8年くらい前って。
でも、新品を勧められることもなく、すんなり修理と相成った。苦みばしった顔された時はちょっと構えてしまったけど。この店のスタンスは「物は大切に」ですね。

と言うことで眼鏡屋さんを後にし、どうせならと言うことでちょうど切れかかっていた大好物の海苔をアメ横で十帖ほど購入。これでしばらくもつね。

これまた、どうせならと言うことで、御徒町のショップにホイールの価格調査。『ふむふむ。』

で、またーりと帰宅。

いやー、やっぱり店の姿勢がいいと競争にも生き残れるんだねぇ。。。

走行距離:29.51km
平均速度:22.3km/h


ホイール再考。

本日は夏至らしい。空気が重たくて鬱陶しい。
雨が降りそうなので寄り道せずに帰宅。

帰宅後、ホイールの検討。

今の予算で完組だとクリンチャーコース。
でも惹かれる、なぜか惹かれる。チューブラーに。

真円に近く、車体を寝かせてもグリップ力はクリンチャーと比較すると高い。
チューブをタイヤが優しく包み込んでいるのでパンク(リム打ち)しにくい。
タイヤが軽い。
組む時に剛性の調整が可能。
らしい。

手組をお願いするか。。。
リム:マヴィック リフレックス
ハブ:ヅラエース 7800系。
スポーク:DT。

でも、クリンチャーの手軽さも捨てがたい。。。

ちょっと、悩むか。。。

走行距離:22.88km
平均速度:26.3km/h


ホイール考。

腰の痛みも和らいできたし、梅雨の谷間で晴れそうだし。ってことで久々の自転車通勤。
しかし、のっけから筋力、心肺機能の低下を実感。。。仕方ない、稽古あるのみ。。。

さて、身体が快方に向かい自転車に乗れる実感を得ると疼き出してきた、、、物欲くんが。

当初の予定では、、、
現在のロードレーサーは通勤用と考えていたのでいじる予定なし。次期戦闘機におとなしく貯金。
のはず、だったのだが、自爆の修理代で¥500玉貯金箱を開けてしまったので辛抱がきかなくなり、発想を変えて、
『フレーム、コンポはまだ買わずとも、外堀から埋めて行こうじゃないか。それでいいじゃないか。』
となってしまった。

一旦、思考がそうなると止まらない。外堀対象物の選定へと物欲くんは働く。

まずぅ、ホイール。次ぃ、フロントフォーク。次ぃ、ペダル。ペダル変えるならシューズ。ステムとハンドルも行っとく?カーボンで。あれ?GPSはどうなった?
などと物欲くんは留まるところを知らずどんどん責めてくる。このままだと空けた貯金箱では足りなくなる。
ここで、急に冷静になり『ホイールとGPSだけぇ』と決定。

ということでホイールの価格調査の為になるしまとPOSITIVOへ寄り道。ライトサイクルは残念ながらお休みなので後日。
POSITIVOでは永井さんとじっくりお話ができ、ここには書けない話も含め色々と情報を得られた。

候補は、
1.イーストン:アセントⅡ。
2.カンパ:ユーラス。
3.ボントレガー:レースXライト。
4.フルクラム:レーシング3。
5.ライトサイクル:手組。

さてと、何にしようかな。。。

走行距離:39.52km
平均速度:23.6km/h


例の映画。

例の映画を2本観てきた。

マイヨジョーヌへの挑戦(チーム・テレコム(現T-モバイル))、OVERCOMING(チームCSC)とツール・ド・フランスへ挑戦する2チームを追ったドキュメンタリー映画。
撮影した大会がチーム・テレコムが2003年の100周年記念大会。チームCSCが2004年のランス・アームストロング(USポスタル(現ディスカバリーチャンネル))が6連覇をした大会。となっている。
時系列的に、マイヨジョーヌへの挑戦 -> OVERCOMINGと観たいのが人情。しかし、上映時間を調べると、
13:50 OVERCOMING (月~金)
16:10 マイヨ・ジョーヌへの挑戦(月~金)
18:30 OVERCOMING (土~火、木)
20:50 マイヨ・ジョーヌへの挑戦(土~火、木)
となっている。仕事を普通に終わらせる(時間を守る)となると間に合ってもOVERCOMING -> マイヨジョーヌへの挑戦の順番となる。これは頂けないので、16:10回のマイヨ・ジョーヌへの挑戦を目指し、昼飯も抜いて仕事を早めに切り上げ14:00頃職場を後にする。(忙しくなくて良かった)

銀座線に乗り映画館のある渋谷へ。渋谷は半年振りくらいだろうか。この歳になると用事が無いと渋谷なぞには出没しない、ここ2、3年来るたびに街の様相が変わっている気がする。

上映している映画館はUPLINK FACTORY(アップリンクファクトリー)と言うところ。
2作品共通割引券なるものがあるのでそれを購入する。

上映時間までまだ時間があったので近くのカフェにてお茶をすする。

映画館に戻り自転車レースの世界を垣間見る。
の前に映画館の印象を。。。
ここは映画館と言うよりはイベントスペースに無理やりプロジェクタースクリーンと椅子を押し込んだ感じ。
マイナーでテーマがコアな映画を上映する傾向があるらしく、映画をエンタテイメントとしてみせるというよりはコアなテーマの映画を提供しています。といった雰囲気を感じた。
と言うことはこの2本の映画もマイナーでコアテーマってことか?
んー、言い方を変えると筑紫哲也が好きそうな映画を上映してます!っていう感じ。(まだ、解り辛いかもしれないけど、これ以上は表現できない。。。)
そこから起因するのか解らないが座席、音響、スクリーン、どれもとっても映画を楽しむと言う事については環境として物足りない感は否めない。(悪い意味ではない。こういうスペースも必要だと思う。)
ちなみに座席の数は約60席。混雑具合は2本とも半分くらい。

さて、鑑賞記。
more



チューブ修理。

今日は全日雨。
怪我も完治はしていないので、こんな日はメンテ。
自爆時に爆裂したタイヤチューブを修理。

不要になったチューブをパッチ用にし、爆裂部分の大きさに合わせてカット。
爆裂部にゴム糊を着け、しばし紅茶をすすり、乾くのを待つ。
乾いた頃にカットしたチューブパッチを貼り合せる。
ゴムハンマーで該当部を軽くたたく。台座はMTBディスクブレーキ化の時に購入したバイスを使用。
空気を入れて、空気漏れがないか確認してOKなら終了。
これを2本分修理。

さ、飯食って観るべ、クロアチア戦。


駒沢公園。

腰の痛みが急激に引いたため、ちょっと自転車に乗ってみる。
時間の制約があるので本日の目的はゆっくり自転車に乗ること。

さて、どこに行こうかと思案。多摩川は昨日の雨で走りにくいだろうし、登りはダンシング時にダイレクトに腰にきそうだし。
くるくる回れる平らなところがないか頭の引き出しを全部空けたところで出てきた。
代々木公園と駒沢公園。
前から行ってみたいと思っていたリンドバーグと言う自動車、オートバイ、ちょっとだけ自転車の本やDVDが置いてある店が近いので駒沢公園にした。
駒沢公園。


駒沢公園にはほどなく着く。5年ほど前に横浜FC(当時JFL)の試合を見に来て以来。
すぐにサイクリングコースは見つかり、12、3周して駒沢公園を後にする。
ここのサイクリングロードは2.1kmで公園内を1周している。ジョギングや散歩をしている人がいるので走り易くはないが、ゆっくり走る分には適当かな。

次にリンドバーグを目指す。
ちょっと迷って到着。格好が格好だけに、おそるおそる中に入る。自転車のコーナーを探すが中々見つからず、店内を3周してやっと見つける。
特に欲しいものがあったわけではなかったので『どれどれ、どんなのがあるかな。』と物色。古いレースものからドキュメントもの、話題の映画のDVDと結構な種類があり、見たこともないものも置いてあった。
しかし、買うまでには至らず制限時間が迫ってきたので店を後にする。自動車の方もゆっくり見れれば食指もびしばし動いたことであろう。

そこから、自宅まだまたーりとポタモードで帰宅。
駒沢公園もリンドバーグもこれから良く行くことになりそうな予感。。。

腰の方はにくつきに要と言う字の通り、色々なシチュエーションで痛みがあったが激痛を伴うことは無かった。快方に向かっている事でしょう。
しかし、また、膝にちょっと違和感が出た。んー残念。距離を徐々に伸ばして行きましょう。。。

あちらが治ればこちらが治らず。。。

走行時間:2:51:09
走行距離:62.58km
平均速度:21.9km/h
平均回転:70cad
消費熱量:1,937Kcal


ある形。

ここ2日で急激に腰の痛みが和らいできた。
骨は結局異常無かった様子。
音声認識ドクターに謝らないと。。。

ある形にさえならなければ痛みは無くなっていたのだが、その「ある形」がライディングフォームに近い。
ちょっと不安だけど、明日は天気が良さそうなので走ってみるか。。。


無料巡回バス。

小生の職場近辺を無料で巡回するバスがある。
メトロリンク日本橋と言う名前で走っている。

デザインが特徴的で見る度に気になっていたので利用してみた。従来のバスとどこが違うのかも気になるところ。
職場の最寄停留所で待つこと10分、丸くて大きな物体が雨を弾く音と共に近づいてくる。
まず、低床であるため非常に乗り易い。
運よく座席が空いていたので着席してみる。シートも大き目で特に背もたれ部の面積が大きく微妙に歪曲して包み込まれる感じが良い。
静かに発車。動力が電池らしくディーゼルエンジン特有のガラガラ音、振動共に無く快適。停車時はシーンとして屋根を叩く雨音とワイパーの動作音しか聞こえない。
運転席の真後ろに座った(まるで子供。。。)が時々、運転手がスイッチをいじっている。おそらくモーターの制御をしているのかと思われる。

さて、あまりの静けさにそのまま寝入ってしまいそうになったが東京駅に到着。『ありがとうございました。』とドライバーに会釈をし、これまた降りやすい降り口より退散。

ルートは多数の地元企業体の出資で運営しているとの事で、どうやら出資している企業体に関係する建物の前に停留所が設けられてある様子。故に良く停まる。まぁ、当然なのですが。。。
また非常に複雑。『どうしてここ曲がる?』と思う様なところを曲がっていく。これも上が起因しているためかと思われる。
停留所は看板の様なもので示しているのだが、その看板の背が低いのでちょっと分かりづらい。

バス本体については非常に気に入ってしまった。バス全てがこれなら良いのにと思わせるほど快適であった。なにせ、従来のバスで多用しているディーゼルエンジンとは全く違う乗り心地に夢心地。排ガスもないのでオートバイ乗りや自転車乗りにも優しい。(無理やり自転車を絡ませてと。。。)
後で知ったのだがニュージーランドの会社が作ったものらしい。デザイン的には欧州臭を感じていたので『あらっ。』っていう感じがした。
ただちょっと内装が大作り、かつ企業体関係のパンフレットにスペースを取られているためのためキャパが足りない様な印象を受けた。

走行は非常にまた~りとしている。さほど道路は混雑している訳でも無かったのだが、優雅に走行していた。
これも出資企業に○越と○島屋があるので、電車で買い物に来た老婦人を最もターゲットにしている結果と思われ。。。

何もない平日に2軒のデパートをゆっくりとはしごする際にはお勧めかと。。。


啓蟄。

そろそろ、自爆初戦敗退の傷心も癒え、腰もある形にさえならなければ激痛を覚える事はなくなったのでもそもそと動き出すことに。

雨に降られて自爆し、そのままショップに預けていたので自転車の掃除とその他諸々。

自転車を掃除後、スプロケの交換。
通勤には意味のない12-27Tのスプロケを元の12-25Tに戻す。すぐにまた峠に行くだろうからこのままでも良いんだろうけど、若干チェーンのこまが足りない気がするので戻す。
次に新品の前輪ホイールにサイコンのマグネットセンサーを取り付け。
後は軽く注油、調整して本日は終了。

ほとんどかがんでいたから腰が微妙に変だぞ。。。


自転車復帰。

今日、自転車が戻ってきた。
丁寧に修理してもらった。

あとは身体だな。。。


自転車保険。

損害保険会社の自転車総合保険に加入している。
今回の事故で改めて保障内容を確認。
関係するところでは、

通院:¥1000/1日

元々、他人に迷惑をかけた時の用心に入っていたので、自分自身への保障は手薄い。
自転車車両への保険商品ってあるのでしょうか?
webでちょっと調べたけど無さそう。

貰えるだけよしとしよう。。。
掛け金安いし。。。


ダメージ。

身体の方は幸い、時が経てば解決してくれそうなので粛々とその時を待つとして、機材+アパレルの方のダメージを総括。

昨日、整形外科帰りにライトサイクルさんへ寄り、自転車の修理相談と破れたアパレルの注文。

修理内容は、
・ホイール交換。
・タイヤ交換(後輪に新品、後輪から前輪にローテイション)。
・ハンドル交換。
・バーテープ交換。

右STIレバーとRD、サドルの擦過傷は今回は交換せず『戒め』とする。(本音は、もったいない。。。)
右ペダルにも擦過傷があるが、今回の事故以前にもあった様な気がするので無視。
サドルはそのうち換えないと駄目かな。。。

しょぼいフレームとは言え、問題がなかったことは救いだった。

アパレルは、
・右太腿部から臀部にかけて裂けたビブショーツの新品取置き。
・右脇が裂けたウィンドウブレーカーの注文。

これで、次フレーム、はたまたGPSの為に細々とやっていた¥500玉貯金が欠けてしまう。。。


ついでに、オシャカになったホイール+チューブ+タイヤを持って帰る。

ホイールはハブを分解してスモールパーツ取り。リムだけでなくハブにも打痕がある為、もう使えないらしい。仕方ないのでスモールパーツだけ取っておく。いつ使うか、そもそも使うか分からないけど、からくりも知りたいし。
チューブは修理して再生。
タイヤは・・・、使い道ないか。

で、キャッツアイにヒットした部分。
へこみ。



ひび?

例の音声認識ドクターは愛すべきキャラでライバルとなりつつある。
しかし、開業時間が長く、土曜日もやっている為、患者が多く一人当たりの診療時間が短い。彼はいつも汗ばんでいる。
要は今一歩、診断結果を信用できない。。。いいキャラなんだけど。。。
今回も骨に異常が無いと診断されたが、打ち身、捻挫とは思えない異常な痛さが続くので本日、他の整形外科にセカンドオピニオンとしゃれ込んだ。たかが整形で。。。

一度、他の整形外科に行った事も含めて一通りの経緯と痛みを説明。
ここでも、レントゲン写真を撮る。

撮影後、診察室へ。

医者:「んー。(しばし、悩んで)腸内のガスが写っている可能性もあるけど、ひびがはいってるっちゃーはいってる。んー。」

『やっぱり。』

医者:「でも、ガスかもしれないし。んー。この尾骨と仙骨の間あたりにひびっぽいものがあるんですよ。」

非常に歯切れが悪い。

医者:「ひびだとしても治療方法は無いんですよ。2週間で痛みは引いて、4週間経てば必ず治りますから。」
小生:「はぁ。」

医者:「ということで、骨折にしておきますね。」
小生:「はいぃ。」

ということで、セカンドオピニオンは歯切れは悪いが骨折だそうで。。。

本日から食事が小魚中心になったのは言うまでもない。。。


検証。

土曜日の落車を自己検証。
事故は普通、様々な偶発的事象が重なり事故原因になると思っている。
しかし、土曜日の落車事故は起こるべくして起こった様な気がする。

①スピードは?
出しすぎていたでしょう。サイコンを確認してはいなかったが恐らく40kmオーバー、あのタイトな下りコーナーでは出しすぎていた。

ねぇねぇ、年齢を考えようよ。そろそろ特攻野朗Aチームはやめようよ。

②雨中ライドの危険性への意識は?
当日、雨中ライドの危険性を意識させる事象が2個あった。
まず、ヤビツ峠へ登りついた時にブレーキをかけたが効かなかった。(この時は登りでスピードが出ていなかったので止まれた。)
頂上までは登り勾配だったので50分近くブレーキをかけるシーンは全くない。リムには水がたっぷりまとわりついている。ブレーキシューはリムに当たるとまず水分を払い落とす事になる。つまり実際の制動が始まるまで時間がかかる。リムブレーキの最大の弱点だ。
いつもは長い時間ブレーキをかけない様なことはない為、理屈では解っていたが初体験となった。(だから雨天通勤用のMTBをディスク化したのでは?)
この時、『おっ、あぶね。今日は雨だから慎重に行こう』と軽く心に誓った。

次に宮ヶ瀬湖に下っている際に3回ほど道路を横切る排水溝の蓋で後輪をすくわれた。
これもすべる度に『おっ。やっぱ雨、あぶねぇ。』と再認識したはず。。。

ねぇねぇ、のど元過ぎても熱いもんは熱いんだよ。

③落車の直接原因となったキャッツアイは避けられなかったか?
今考えると避けられたと思う。
自転車はほぼ素人だ。しかし、自動車は結構乗っていた。山道が好きだったりする。自動車を運転していて後輪の挙動が振れてもカウンターを当てる術は心得ている。
自転車も理屈は同じだが加減がわからない。2輪だし。後輪がマンホールのすくわれた際に、『やべっ。カウンター。』と一応ハンドル操作はしたがうまく出来なかった。が、ここまではまだよしとしよう。この後の判断が非常におばか。

この時、進行方向にキャッツアイが目に入ったが、『まぁ、当たっても乗り越えられるでしょう。』と自動車と同じ感覚になった。愚かである。
自動車のタイヤの太さは20cm以上はある。側面高も扁平率が50%としても10cm以上はある。キャッツアイの高さはせいぜい3、4cmくらいか。
でもね、自転車のタイヤの太さは2.3cmなの。側面高も2cmくらい。そりゃーリムもひん曲がるわ。

ねぇねぇ、なんで、『大丈夫。』と思ったの?

この愚かにも大丈夫と思ったいくばくかの時間にキャッツアイを避ける操作をすれば避けられていたかもしれない。

④集中力は? その1。
落車地点のちょっと手前で登ってくるサイクリストを目視した。
意識をちょっと奪われていたかもしれない。

ねぇねぇ、そんな余裕ないでしょ。

⑤集中力は? その2。
グラスに水滴が付いていて、鬱陶しかった。

ねぇねぇ、どうしよか?
雨中でのサングラスの水滴は何とかならないかな?

⑤以外はあの時点で全て、何とかなった様な事ばかり。

対向車線まで飛ばされた時に自動車が来なかったことが最大にして最良の偶発的事象だったのでしょう。
まだ、生きていても良いらしいので、経験値にしましょう。

ねぇねぇと自問自答しながら。。。


音声認識ドクター、再び。

腰強打の影響で本日は全く動けず、昨日の続きをエントリー。

傷心のままに帰宅し、風呂場で擦過傷の処置をして、病院にいくことに。
土曜日の午後だった為、行ける病院は限られる。
仕方がないので、例の音声認識ドクターの元へ。
ここは、土曜日でも17:00まで受付してくれる。

混んでいるかと思ったが、さほど待たされることもなく腰のレントゲン撮影。
少し待ってから、診察室へ。

いすに座る際、腰に激痛が走り、声が漏れ、顔をゆがめる。

医者:「そんなに痛いの?」
小生:「はい。」

医者:「今日は腰?どうしたの?」
小生:「こけちゃいました。」

レントゲン写真を見る。ここは撮影したレントゲン写真をリアルタイムでパソコンに送信しているらしく、すぐに画像ファイルとして医者の手元のパソコンで確認できる。
医者はアップにしたりして細部まで確認できる。それは患者にも見える。もちろん音声認識入力のカルテも丸見え。

医者:「どこ行ったの?」
小生:「秦野です。」

ピンと来ていなかった様なので、

小生:「ヤビツ峠から宮ヶ瀬湖です。」
医者:(レントゲン写真を操るパソコンの手を止めて)「知ってる。」

ピンときたらしい。

医者:「昔、車で良く行ってた。走りに。」

『おっ。君、頭文字Dな人だね。』

医者:「車で行く所だよ。宮ヶ瀬の下りはくねってるでしょ。自転車で良く行くねぇ。」
小生:「・・・」

医者:「(レントゲン写真を見ながら)どこが一番痛い?」
尻の割れ目、ちょい上をさする。

医者:(レントゲン写真の該当する位置をアップにする)「骨は大丈夫。安静にして、とにかく冷やして。面白いシップができたから出しとくよ。」
小生:「はぁ。」 『わしはモルモットか?』

で、またカルテ入力が始まった。
医者:(マイクに向かって)「本日、自転車より転倒、棘骨異常なし。tenderness異常。~」

おお、今日は変換がスムーズだぞ。しかし、tenderness異常ってなんだ?
tendernessって優しさとか弱さって意味だったよなぁ。異常に弱いってことか?
彼とはライバルになりそうだ。。。

骨には異常が無い様だが、異常に痛い。まぁ、今日は一日経っているので痛みが増すこともあるでしょう。歳だし。
明日更に痛くならない様になって欲しいものだ。今日がピークでありますように。。。


ヤビツ峠と宮ヶ瀬湖と・・・。

本日はMt富士ヒルクライムへ向けて一応坂稽古。そのまま宮ヶ瀬湖に抜けてのツーリングとしゃれ込んだ。

膝にまだ不安があるので秦野まで自動車で行くことに。
まず、ヤビツ峠。
R246と県道70号との交差点、名古木交差点から一応タイムアタック。
某サイトによると38:19が最高らしい。
始めから結構な勾配が続く、蓑毛の辺りになると『もう止めて。』
それ以降はあまり急な勾配もなく、鳥の囀りと一緒に漕ぐ。途中から雨が降り始める。富士山を登った時も雨に降られた。
距離が富士スバルラインよりも長くないので富士山よりは辛く無かった。タイムは48:12。遅いです。こんなもんですよ。。。

ヤビツ峠。
ヤビツ峠。


天気が悪いので、しばし公衆トイレ脇で休憩。
悪天。

15分程待っても良くならないので、出発することに。
問題は悪天の為、来た道を戻るか?
はたまた、予定通り宮ヶ瀬湖に抜けるか?
結構考えて結局、宮ヶ瀬湖へ。
来た道を戻るのを好まない性分が勝ってしまった。そう、しまった。。。

中津川沿いを快調に飛ばして行く。霧雨から小雨が降っているので慎重に行く。
ところどころ排水用の溝に蓋に車輪を取られる。
これが前兆だった。

無事、宮ヶ瀬湖に到着。
『後は厚木に向けて下って、秦野で終了!』だったので、ゆっくりと行く。

ゆっくりと行っているつもりだった。

右カーブの急坂に差し掛かった時、後輪がマンホールにすくわれた。
慌てて、左にカウンターを当てるが、上手くコントロールできず中央のキャッツアイに前輪がヒット。
そのまま対向車線に放り出される。
落車。。。
腰から落ち、右肘、右膝を路面にしこたま打ち付ける。
おそらく2度ほどバウンドし、最後は仰向けになり後頭部を道路にぶつける。
意識ははっきりしていたので慌てて起き上がり、自転車とその他放り出されたものを拾う。しかし、腰が痛い。

まずチェーンが外れているのが目に入った。
続いて衝撃的なシーンが目に入る。
前輪リムがキャッツアイにヒットした衝撃で大きく内側にゆがんでいる。
更に、チューブもタイヤも裂けている。
他のダメージは探らず、とりあえず、持ち合わせていたチューブに取り替えるがタイヤが裂けているせいか、敢え無くバースト。

しばし、呆然とし、恐る恐る他のダメージを探る。
右レバーは内側に曲がり、ハンドルの下の方が何となくゆがんでる。レバーとバーテープには擦過傷。
リヤディレイラーにも擦過傷。
そのくらいか。。。


さてこれからどうやって秦野まで行くか?
タクシーしか思い浮かばず、タクシー屋の連絡先を得ようと何かを求めて下る。

(おそらく)3km程行くと駐在所があった。
『あっ。とりあえず事故証明もらっておくか。』

右膝の擦過傷から出血があり、足首近くまで流れて凝固している。
駐在さんが気になるらしく救急車云々と言っている。
確かに腰は痛いが意識もあるし、擦過傷は見た目はエグイが痛みはないので、断ると消毒液やら、ガーゼやら色々出してくれた。
事故の状況を説明し、検分を行う為、現場へパトカーで向かう。現場で一通り説明する。

駐在所に帰る途中、
駐在さん:「スピードはどの位出していた?40km~50km?」
小生:(はっきり憶えていない)「40km位ですかね?」(もうちょっと出ていたかも)
(この時、制限速度表示がちょうど目に入る。『げっ、はめられた?』表示は30km。)
駐在さん:「そう。今、この車が40km。」
『なんだよ。。。びっくりした。』

駐在所に戻り、タクシーの手配をしてもらう。待っている間、缶コーヒーまで出してもらう。

タクシーのトランクに自転車を積み込み、タクシーがギャップを拾う度に後ろから聞こえる「ギコ、ギコ」と言う音に神経を逆撫でされながら、40分程で秦野に着く。

そこで、ウェアのダメージを確認。
ウインドウブレーカー、ビブショーツ、アームウォーマーがもう使えない。。。

傷心と供に帰宅。

帰宅後、身繕いをし、医者に行き、そのままライトサイクルさんへ自転車を入院。
ホイールはもう駄目だそうで。。。

富士山も無理かな。。。
自転車乗り失格ですな。。。
とほほ。

走行時間:2:06:01
走行距離:37.9km
平均速度:18.0km/h
平均回転:71cad
消費熱量:1,352Kcal


Share the Road。

銀座の中央通りが通勤経路上にある。
銀座中央通りと言えば、夜は人、自動車(特にタクシー)、駐車中の車で非常に走り辛い。普段、往路はともかく、復路は寄り道で通らない限り、一本内陸の外堀通りを新橋まで抜けて、第一京浜まで行く。金曜は人を轢きそうになれので絶対通らない。
でも、今日は例の民間委託をチェック(お前はどの立場の人間だ?)するべく、中央通りを通る。

18:00頃通過したが、確かに駐車している車は少ない様に感じた。でも、元々片側2車線でタクシーの通行量が半端ないのであまり効果の程は感じられなかった。
もっと、賑わっている時間帯ならもうちょっと効果の程が解ったかもしれないけど。。。

で、考えしまう。狭い都内の道路だから、上手く使えると良いかなと。
自転車好き、自動車好きの小生からすると、みんなで上手くシェアできれば良いと思う。

理想は自転車で運べる配送物は自転車、自転車で運べない配送物は自動車、タクシーも自転車(一部では、ほんの一部ではベロタクシーが活躍している様だけど。)かな。
でも、現実的には無理かな。

だって、銀座を走ると、交差点で信号待ちしている人たちの視線が痛いよ。

『なんでこの人自転車なんかで一生懸命がんばってんの?』って。
『こちとらタクシーで移動だぜ。』って。
『チャリ、うざい。』って。

いくら自転車がブームとは言っても社会的認知は低いからね、自転車乗る人達も勘違いしないでそこは意識しないとね。興味ない人にはただの頑張ってる不思議な人達だから。。。

といいつつ、堂々と車と渡りあってますけど。。。

共有。


走行距離:24.12km
平均速度:26.2km/h


スプロケ交換。

注文していたスプロケ27Tがそろそろ入荷の頃。帰りにライトサイクルさんへ寄り道。

スプロケの交換とちょっと回転にごろつきがあるので前車輪のベアリング調整をお願い。
その間にいつもの物色作業。
パーツクリーナー保冷ボトルを購入。

仕様変更点は、
変更前:12-13-14-15-16-17-19-21-23-25T
変更後:12-13-14-15-16-17-19-21-24-27T
で、ギヤ比は、(当然、前は39Tで計算)
変更前:3.25-3-2.79-2.6-2.44-2.29-2.05-1.86-1.7-1.56
変更後:3.25-3-2.79-2.6-2.44-2.29-2.05-1.86-1.63-1.44
と数字は挙げてみたものの良く解らん。

帰り道に特に勾配はないので恩恵の体感もできず。
しかし、体感できるのだろうか?

ん?また、何か間違った?

走行距離:35.81km
平均速度:22.9km/h


2006.05総括。

2006年5月の自転車総括。

◎走行距離
RA5:411.37km
XCBart:122.18km

◎ローラー台
RA5:59.08km/約2h30m

◎レース
参加なし

◎寸評
膝の故障も大分良くなり通勤の再開、及び、ひとまず復帰の目標としていた100km/1dayも出来た。
一時はもっと掛かるかもと思っていたので結構うれしい。
これで振り出しに戻った感じだが、今後、膝の故障の経験値を生かしたい。
ストレッチング、ウォーミングアップ、フィッティング、ペダリング、筋力アップ、ダイエットとまだまだレースで活躍するまでには理詰めから実践までやらなきゃならないことはたくさんある。
本格的ホビーレースデビューを来年に見据えて計画を立ててやって行きたい。

◎6月の目標
・膝へ負担を掛けない様に自転車を楽しむ。(もう、乗れないストレスはいらない)
・Mt富士ヒルクライムでの完走。(まぁぼちぼち)
・フィッティングの最終確定。(ま、常に一定ではないでしょうけど)
・ペダリングの理論発展。(円を描くとは?)
・筋力アップにつながる筋トレの理詰め、および実践。(バランスの良い筋力を得る)
・700km/1month超え。(入梅なので)
欲張りすぎか?

calender

05 ≪│2006/06│≫ 07
sun mon tue wed thu fri sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。