profile

tictac




comment

tb


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



山はあった方が良いでしょう。

山、谷、あった方が生きていて楽しいと思うのです。

山あり谷あり。
人生に限らず。
more


スポンサーサイト

洗車。

最近、雨上がりを含む雨中走行をしていないのにも係わらず、先週の土曜日に荒川CRを走った為、こんな状態になってしまいました。
前。

久々に洗車でもしようと徹底的にお掃除。
パーツクリーナーを箱買いしたので惜しげもなくシュウシュウとかけまくります。

ホイール、ブレーキ、ディレイラー。
車体は霧吹きで濡らしながらウェス(っていっても古Tシャツ)でごしごし。

特に今回はチェーンが激しく汚れているのでパーツクリーナーで激しく洗います。
結局、チェーンだけで半分以上使ってしまった。
今まで、フィニッシュラインのクライテックRESPOのチェーンオイルでやっていましたが、付け過ぎたせいか激しく汚れています。
今回はチェーンオイルにホワイトライトニングのみ。以前使用していてスプロケにカスが溜まるので使用を止めていましたが、今回は在庫処分です。

その他諸々をして終了。
娘と遊びながらやったから4時間以上もかかってしまいました。^^
後。
おお、きれいになった。

そういえば、最近、車の洗車していません。すねちゃうかな。

きれいになって、明日はどこ行こう。
レッツゴー。

また、魚かな。。。


チェーン交換。

RD変速が不調です。色々調整してもスパ、スパ決まりません。
色々考えてみて、『もしかしてチェーン?』

伸びきっています。そう言えばもう6000kmは乗っていると思います。伸ばしきりました。
仕方がないので交換します。

ちょっとは良くなった感じ。。。

走行距離:22.9km
平均速度:26.3km/h


タイヤのメンテ。みなさんのアドバイスに感謝!

本日の予報は曇りのち雨。月曜日から自転車に跨っていない。帰りの多少の雨なら平気でしょ。とMTBで出陣。
結局雨には降られず帰宅。

帰宅後、タイヤのメンテ。

◎通勤用ホイール。
以前、自爆(前輪タイヤぼこぼこ)した際に後輪から前輪にタイヤを移植し後輪に新品タイヤを装着した。
しかし、「後輪で台形になったタイヤを前輪で使うには操作性が落ちると」いうアドバイスをやくさんに頂いた。
とても納得できるアドバイスだったので新品をもう1本購入し、前輪に組み込むことに。
後輪->前輪に移植したタイヤはローラー台用に回す。

◎よそ行き用ホイール。
月曜日に土曜日のパンクの原因を探っておいた。
パンク時と同じ様に携帯ポンプで空気を入れる。やっぱり、立派にチューブは膨らむ。
仕方がないので水にくぐらせる。すると、、、
普通にブクブク。
ぶくぶく。勢い良く音を立てる。何のことは無かった、普通にパンク。
タイヤの切れ目から異物が混入しチューブを傷つけた事にして決着とする。
月曜日は原因追究で終了。出先でパンク修理中は気付かないもんだ。

で、今日、普通にチューブ修理。
チューブ修理完了。

次に、裂けてしまったタイヤの補修。ホイールには新品を装着する。
でもこのまま捨てるのはよろしくないのでヤスオさんにアドバイス頂いた方法で切れ目に瞬間接着剤を流し込む。

裂け目。
パンクの原因。

接着剤を裂け目に注入。
接着剤作戦。

乾いた頃にイージーパッチでふた。
完了。

このタイヤはローラー台用にしよう。
あっ、ローラー台用のタイヤが2本もある。

一生懸命漕げってことね。

と、言うことでローラー台。

でも、通勤用ホイールのタイヤがローラ台用じゃないのでさっきローラー台用に降格したタイヤに組み替えて使用。
面倒くさかったけど、通勤用ホイールのハイトリム内に何か異物が入っている様子でカラカラ音がする。
気付いてしまうと気になって仕方がない。その異物除去も兼ねてやることに。

タイヤを外し、バブル穴から異物を出そうとするが中々取れない。20分程格闘したが時間が無くなったきたので今日は諦める。。。

で、30分ほどローラー台。

タイヤを元に戻すの面倒くさい。。。
ローラー台用のホイールが欲しい。。。
オークション、オークションと。。。

自転車経験の浅い小生には経験豊かなみなさんのアドバイスが非常に役に立ちます。
やくさん、ヤスオさん、アドバイスありがとうございます。これからも何か間違った方向に進んでいたらご指摘ください。
よろしくお願いします。。。

◎通勤
走行距離:22.59km
平均速度:21.4km/h

◎ローラー台
走行時間:00:32:15
走行距離:11.6km
平均速度:21.7km/h
平均回転:77cad
消費熱量:387Kcal


チューブ修理。

今日は全日雨。
怪我も完治はしていないので、こんな日はメンテ。
自爆時に爆裂したタイヤチューブを修理。

不要になったチューブをパッチ用にし、爆裂部分の大きさに合わせてカット。
爆裂部にゴム糊を着け、しばし紅茶をすすり、乾くのを待つ。
乾いた頃にカットしたチューブパッチを貼り合せる。
ゴムハンマーで該当部を軽くたたく。台座はMTBディスクブレーキ化の時に購入したバイスを使用。
空気を入れて、空気漏れがないか確認してOKなら終了。
これを2本分修理。

さ、飯食って観るべ、クロアチア戦。


MTB ブレーキディスク化 完結。

MTBブレーキのディスク化最終章。

えー、前回、オイルがスムーズにキャリパーに流れ込まず、心が折れそのまま放置しておいたMTB。
近くを通るたびに(って玄関だけど)何回か覗いてもやっぱり落ちていなかった。
今回はキャリパー本体を自転車から外し、オイルが流れ込む様に色々動かす。そのうち、ぽつぽつと気泡が上がってきてオイルが減っていく。『おお、落ちている?』
とてもゆっくり流れていくので、紅茶でも。。。

この間に紅茶をすすりながら次ステップに進む前にマニュアルを読み直す。ここで、とほほな事が、『か、書いてある。』前回、右往左往したブレーキホースのアダプターについてしっかり書いてあるじゃありませんか。シマノ製のもあるそうで。。。
マニュアルはやっぱりちゃんと読みましょう。。。
この後はパッドをセットするのにちょっと戸惑ったが、その他は滞りなく、前後ともセッティングができた。

前。
前。


後。
後。



『おお。終わった。。。何日かかってんだ?ったく。』
MTB。



『終わったら、ちょっと乗ってみますか。』となるのが人の情け。

自宅裏の道で遊ぶ。
今回、ブレーキ、ホイール、タイヤ、シフトワイヤー、チェーンと結構変えたので、色々とはしゃぐ。
ブレーキの効きはいいちゃいいけどって感じ。何か、ロードの105の方が効く様な気がしないでもない。
シフトチェンジもガチャガチャして遊ぶ。
まぁこんなもんでしょ。

今回のとほほ。
・マニュアルの斜め読み。
・工具不足。

次回、大規模整備時への課題。
・メンテスタンドの購入検討。
->ディレイラー調整時に必ず欲しくなる。適当に安い奴買うか?ParkTool並みのを買うか?
『ParkToolの買って意味あるか?』

・締め付けトルクは大丈夫か?
->これいつも不安。マニュアルにはきちんと締め付けトルクが書いてある。トルクレンチ買うか?
『そこまで買って意味あるのか?愚妻にそんなの買って自転車屋にでもなるの?って言われるだけだぞ。。。』
『・・・それならそれでもいいか。。。』

さて、次は何をしようかな。。。
い、いかん。自転車の乗るのが楽しみでは?
でも、今、まともに乗れないじゃん。。。

くっ。。。



アルミ掃除。

本日はロードレーサーの掃除。

先月からほとんど乗っていないが、長距離を行ってそのままだったので結構汚い。
本日は簡単にパーツクリーナーを主体に掃除。

・濡れタオルでフレーム掃除。
・パーツクリーナーでホイール洗浄。
・パーツクリーナーでスプロケット洗浄。
・パーツクリーナーでチェーン洗浄。
・パーツクリーナーでFD洗浄。
・パーツクリーナーでRD洗浄。
・ブレーキクリーナーでブレーキ洗浄。
・パーツクリーナーシートポストの洗浄。
・注油。

安いクリーナーなので、もう好きなだけじゃばじゃば吹き付けて洗浄。汚れがみるみる落ちて気持ちいい、しかも楽だ。
今まで、チェーンは専用のクリーナーでがらがらやっていたけどいまいち綺麗にならない。でもこれならみるみるよごれが落ちる。。。

で、クリーナー。
安いクリーナー。


きれいになったスプロケットとチェーン。
結果。

洗浄前の画は無い。失敗。。。
すげぇ、変わったのに。。。

掃除が終わって、まだ途中のMTBが視線に入る。
でも、めんどくせ。今度、今度。。。
相変わらずオイルは落ちていない。。。

さ、飯食って観るべ。。。
LIEGE-BASTOGNE-LIEGE



愚。

本日はMTBのディスクブレーキ化(油圧)の続き。

実行前。
前。


・前後ディレイラーの調整。
ビシッと決まらないが、まぁまぁ納得できるところで終了。

・ホイールへディスクの取り付け。
・ブレーキキャリパーの取り付け。
・オイルホースの長さ決め。

ここであちゃちゃなことに気付く。
MTBはトップチューブ上に前後ディレイラーのケーブルガイド、Vブレーキのケーブルガイドがある。元々のVブレーキのガイドにディスクブレーキのオイルホースがそのままホールドできると何の疑いも無かった。しかし、通らない。。。
通らない。

片方の口が細くなっており、Vブレーキ用のケーブルか機械式のディスクブレーキのケーブルしかホールドできない事に気付いた。
体がカーっと熱くなる。

『どうすっか。・・・ガイド切って拡げるか?』
普通の工具箱を覗く。金属用の鋸があるにはあるが。。。
『でも普通、切るか?』
冷静さが残っていた。そう、普通は切らないと思う。と言うか切れないでしょう。
『じゃ。どうすっか?・・・タイラップで留めるか。』
いそいそと自動車で近くのホームセンターへ。

タイラップを入手し、『どうせならチャリンコ屋行ってオイルホースの取り回しどうしてるか見てみっか。』と矢口のショップへ。

最近のMTBはほとんどディスクブレーキなので、Vブレーキと共用するフレームの展示があまり無い。。。
ぐるッとひと周りした最後の一台が幸運なことに共用しているフレームだった。そいつをまじまじと見つめると、『やっぱり処理してるよ。』
そのフレームは両面テープで取り付けるオイルホース専用の台座で処理していた。
『おっ、てことは。こんなパーツ売ってるのかな?』
と、
小生:(店員を呼びつけて)「こんなパーツありますか?」
店員:「あ、こっちにあります。」
導かれたところはMTBブレーキパーツが山ほどあった。
そこで、以下を入手。
ブレーキホースアダプター。

左が前ブレーキ用でフォークに這わすやつ。
右がフレーム用のアダプター。
Y系はスモールパーツが豊富だからね。いざと言うに役立つね。

速攻で帰宅し、続き。

・オイルホースのセッティング。
ここでまたあちゃちゃなことが。。。
オイルホースにオイルを細く通す鋲の様なパーツを圧中するのだが、バイス(万力)が無いと圧中できない。マニュアルにはしっかりバイスと記述してある。小生、万力など持ち合わせている訳などなく、また体がカーッと熱くなる。
『どうすっか?・・・とりあえずどんなもんか調べるか。』
と、webにてチェック。大体¥2,000~¥3,000位。
『ん~。わざわざ買うか?でも絶対ホースに入れられないしなぁ・・・ん~行くか。』
でも癪なので、先ほどとは違うホームセンターへ。。。
そこで¥1,600のやつを見つける。『ま、また、いつか使うでしょ。。。』

速攻で帰宅し、続き。

・オイルホースのセッティングの続き。
すごくらくちんに圧中でき、フレームにもセッティング。
アダプター設置後。

こんな感じ。。。

・オイル入れ->エア抜き。
ここでまたあちゃちゃなことが。。。
マニュアルを読むと7mmのメガネレンチを使用するとのこと。小生の手持ちで最小なのは8mm。。。
『どうすっか?・・・モンキーレンチで代用してみっか。』
と、今度は体がカーっと熱くならず、作業を進める。
ところが、オイルが入らない。色々車体を動かしてみたが、駄目。
レンチのせいでもなさそうだが、『工具もないし、フミ応援しなきゃだし、飯も食いたいし、今日は止め。。。』と心が折れる。

落ちないオイル。

落ちないオイル。
なぜだ?キャリパーを一旦外していろいろ動かそう。今度。。。

しかし、ちゃんと確認しないと、永田くんの様になると言ったじゃないか。
ったく。ちゃんと、マニュアル読んでから作業しましょう。。。

本当に愚豚だ。。。

さ、飯食って、観るべ。。。
Amstel Gold Race
まだ、残ってたら精一杯アシストするんだ!
Ronde Van Vlaanderenの時のバゲーの様に!
頑張れフミ



MTBいじり。

本日はMTBをメンテ。

作業前。
前。


ここから、
・ブレーキ外し
・シフトワイヤー外し
・チェーン外し
・シート外し
・タイヤ外し

洗車前。
中。


・自動車用のシャンプーでごしごし
・フレーム用のデグリザーで細かいところをふきふき
・ディレイラー、その他パーツをディグリザーでふきふき
その後、
・シフトワイヤー取り付け
・チェーン取り付け
・タイヤ取り付け
・変速機仮調整

作業後。
後。



ディスクブレーキに時間がかかりそうだったので今日はここまで。
残りは、
・変速機の調整
・ディスクブレーキの取り付け

さ、飯食って、見るべ。。。
Ronde Van Vlaanderen


calender

04 ≪│2017/05│≫ 06
sun mon tue wed thu fri sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

blogs


i think.


thinkbikes

ed2010

sharetheroad

search@site


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。